世界にある信じられない車 TOP10

車は静かで、燃費もよくなり、私たちの生活に沿った便利で使いやすい進化を遂げてきました。

しかし世界には、独自の進化を遂げた車も多く存在しています。

今回は、そんな世界にある信じられない車を10台見ていきましょう!

10.リンスピード スキューバ

 

141015scuba02

この車は陸上を走るだけでなく、水中を走行することができる世界初のオープンカーです。

ジェームスボンドに出てくる水の中を走行出来る車を元に製作が進められました。

3つのエンジンがつけられており、1つは陸上用に、残り2つが水中用に使われています。

オープンカーなので、走行中はずぶ濡れになり、スキューバダイビング用のマスクを付ける必要がありますが

他の車では味わえない、貴重な体験をすることができます。

9.peel P50

1c5aa625

P501962年に製造された世界最小の3輪自動車です。

全長は137cm、重さ54kgの車内は、ドライバー1人と買物袋が丁度入るくらいの空間しかありません。

また後ろにウィンカーがないので、毎回手信号をしなければならないのが少し面倒ですが、道を間違えたときには、後ろの取っ手を持って車を引っ張ることができます。

販売当時、価格は、約3万円とお手頃価格でしたが、現在ではアンティークとしての価値が付き、一台約1400万円という高値で取引される代物となっています。

8.テラフージア・トランジション

133362982204913210852_201204050458330010l2

デロリアンのように、地上も空も走ることができたらいいのにと考えたことはありませんか?

そんな方におすすめなのが、こちらのテラフージア・トランジションです。

この車は、時速約112キロで道路を走行可能で、さらに空を飛ぶためのプロペラと折りたたみ式の羽が付いています。

朝の通勤ラッシュを切り抜けるのは、かなり厳しいのですが、世界の破滅が来たときには、買っておいてよかったと思うことでしょう。

お値段は約3200万円と少し高めですが、用心に越したことはありません。

7.BMW GINA

GINAは形が変形する布で作られたスポーツカーです。

布と言ってもただの布ではなく、汚れにくく、どんな気温や天候でも、収縮、膨張をしない様に工夫されて作られています。

様々な環境に適応できる柔軟性があり、’’ドア’’を開けるときは、布が伸縮することで、楽に乗り込むことができます。

6.スノーキャット

この車は最も長い歴史を持つ雪上車です。

テープのように静止摩擦する4つの車輪がついており、急な傾斜でも上る事が可能です。

岩や石、様々な障害物のある場所でも問題なく走ることができるため、スノーキャットに乗ってスキー場を回るツアーも行われています。

この車はとても優秀な雪上車なので、何十年も愛用されてます。

5.スーパーバス

オランダのスーパーバスは、全長15mもある20人乗りの車です。

最高時速は約257キロで、16個のドアが付いています。

成人式にこのスーパーバスで向かえば、友達を驚かせる事間違いなしです。

ただし、直線で走行出来る所をよく選んで下さいね。本当に危ないですから!

4.スプリンター

木のぬくもりを感じながら、ぶっ飛ばしたい方におすすめなのが、こちらのスプリンターです。

この車は、木で作られたスポーツカーで、LS7のエンジンを搭載し、最高速度は時速約386キロ出すことができます。

木が材料なのでアルミニウムやスチールで作られたものに比べて強度があります。

3.チェーンリンクエクストリーム

チェーンリンクエクストリームは、まるでトランスフォーマーにでてくる車のように荒ぶっている車です。

この車は、4つの独立して動くタイヤが中央から生えており、1mくらいの高低差であれば問題なく上る事ができます。

技術者たちが寄せ集めの部品で作った車なので、一般販売はされていませんが、この車であれば、四駆ではいけない、荒れた山道も進むことができます。

2.キラ・バン

キャンピングカーが欲しいという方におすすめなのは、こちらのキラ・バンです。

この車はカリフォルニアのデザイナー「フェラン氏」が娘の’’キーラ’’ちゃんの為に作ったものです。

車内はまるで宇宙船の様になっており、2台のコンピューターでこの車を制御しています。

キッチンとダイニングも完備され、ゆったりとくつろぐことができます。

一度の給油で約3200キロの走行が可能で、アンテナを搭載していますので、スカパーを見ることもできます。

1.メルセデス F015

このメルセデスF015は完全全自動のコンセプトカーです。

乗っているだけで、目的地へと自動で運んでくれます。

F015は、乗っている人の手の動きや目の動きで操作パネルを動かす事が可能で、くつろぐためのコーヒーテーブルが出て来たり、移動しながらの会議をしたり、昼寝をすることだってできます。

最高速度は、約201キロで1099キロの走行が可能です。

タクシーの運転手には気の毒な話ですが、すべての車が自動運転になる日も近いのかもしれません!

スポンサードリンク

コメント