奇妙な自動販売機8選

自動販売機というとジュースやタバコを思い浮かべますが

世界には私たちが想像もつかないような自動販売機が多く存在しています。

今回はそんな奇妙な自動販売機を8つ見ていきましょう!

8.カニ販売機

 

article-2418906-1BC6900B000005DC-733_634x417-1article-0-1BC68FDC000005DC-186_634x423

たくさん買い物をした後、家に帰る途中でふとカニを買い忘れた時はこちらの自動販売機が役に立ちます!

中国にあるこちらの自動販売機では、約200円で新鮮な生きたカニを購入することができます。

カニは、5℃に保たれた自動販売機の中で専用のケースに入れられ、冬眠状態にさせることで鮮度を保っているのだそうです。

もしカニが死んでいた場合は、別のカニと交換してもらうこともできます。

7.金販売機

一般市民向けではないかも知れませんが、アラブ首長国連邦には、金の販売機が設置されています。

10分ごとに相場が更新され、値段も変わっていきます。

富裕層向けのようですが、投資家や観光客が記念に利用しているようです。

2011年には日本にも金の自動販売機が設置されました。

6.結婚指輪販売機

結婚式をしたいけど、時間もお金もないという方におすすめなのが、この結婚指輪販売機です。

イギリスにあるこの自動販売機は、たった140円で結婚式をすることができます。

お金を入れると、ウェディングソングが流れ、プラスチック製のおもちゃの指輪が出て来ます。

彼女の指にはまる事を祈るばかりですがその後、結婚の証明書が印刷されます。

離婚が増えた昨今、そこまでお金をかけずにこの自動販売機で結婚式をするのもありかもしれませんね!

5.大麻販売機

日本では大麻は違法ですが、世界をみると合法の国も多くあります。

カナダのバンクーバーにあるこちらの販売機では、大麻をしみ込ませたクッキーが売られています。

またシアトルやコロラドにある自動販売機には大麻のつぼみが売られています。

どちらも購入するには医師の許可証が必要なようです。

日本では考えられませんよね!

4.キャビア販売機

2012年、ビバリーヒルズのショッピングモールに世界で初めてキャビアの自動販売機が設置されました。

キャビアは生のものと塩漬けされたものがあり、約30gあたり6000円程で購入することが出来ます。

こんな高額なものが自動販売機で販売されているのは、不思議ですよね!

なぜこの二頭がこれほど仲良しなのかはわかりません同じ草食動物同士、話が合うのかもしれませんね!

3.花販売機

中国にあるこちらの自動販売機には、人が入っており、お金を投入すると花を手渡されます。

自動販売機形式にする必要があったのか疑問ですが、1本約85円程でバラを購入できます。

人通りの多い地下鉄の構内に設置されており、売り上げは、募金に回されるのだそうです。

2.レゴ販売機

ドイツでは、ソーセージの自動販売機やピザの自動販売機など、一風変わった自動販売機を目にすることができます。

その中でもミュンヘン駅にあるレゴの自動販売機は一際目立っています。

長距離移動の暇つぶしや、子供へのお土産としては最適ですね!

1.下着販売機

こちらの販売機は、約1000円で使用済みの洗っていない下着を購入することが出来ます。

本当に使用済みかどうかを確かめる方法はありませんし

いったい誰が何の目的で購入するのでしょうか..。

スポンサードリンク

コメント