人類史上最も偉大な発明8選

私たちの身の回りにあるものは、すべて誰かの大発見から生み出されています。

今回は、今尚私たちの生活に影響を与える人類史上最も偉大な発明を8つ見ていきましょう!

8.血液型(1897年)

 

karl-landsteiner

カール・ラントシュタイナーは、世界で初めて血液型を発見した人物です。

20世紀の初頭までは血液型という概念そのものがなく、輸血は運任せの治療法とされていました。

1901年にカールが、血液型の分類法を発見すると、血液型不適合による死亡事故は劇的に減少していきました。

ちなみに発表当初はA型・B型・C型となっていましたが、C型はO型になり、1902年にAB型が加わりました。

7.飛行機(1903年)

ライト兄弟は、アメリカの動力飛行機発明者です。

自転車屋を営むかたわら、飛行機の研究を始めたライト兄弟は、グライダーを参考にして科学的視点から飛行のメカニズムを解明し、構築をしていきました。

その結果、1903に飛行機による有人動力飛行に世界で初めて成功しました。

しかし、世間はこれを信用をしないばかりか、当時はありえないこととして、強い反発を受けました。

6.ペニシリン(1928年)

アレクサンダー・フレミングが軍医として、大勢の負傷した兵士の治療にあたっていた時に

消毒液があまりにも役に立っていないことに気づき

殺菌作用のある物質についての研究を始めました。

多くの細菌を培養し、実験を繰り返していたフレミングは、ある日細菌を培養していたビンの中で、青カビが繁殖していることに気がつきました。

これはビンの蓋を開けっ放しにしていたミスにより偶然起こった出来事だったのですが、よく見ると青カビの周りだけ細菌が消えていることに気がつきました。

そのアオカビから発見されたペニシリンは世界初の抗生物質として知られ、多くの人を救うことになりました。

5.麻酔(1801年)

ハンフリー・デービーは自室の研究所で笑気ガスを吸入していた時に、軽く酔った感覚になることから、パーティーで吸引し娯楽として楽しんでいました。

デービーは、そのガスに痛覚を取り除く効果があることに気づき、1795年に麻酔効果を証明しました。

笑気ガスが医療に使用されたのはデービーの死後約40年経ってのことです。

4.電話(1876年)

スコットランドの科学者であるベルは、電話の発明で知られています。

ベルの母と妻は聴覚障害であったため、ベルは手話を習得し、音響学を学び始めることになりました。

1873年、ボストン大学で発声生理学と弁論術の教授になると、日中は夕方まで講義を行い、それから実験室で、夜遅くまで次々と実験する生活を送っていました。

そのあと実験に専念したベルは、1876310に電話の実験に成功しました。

ちなみに電話で、はじめに話された言葉は、「ワトソン君(助手)、用事があるからちょっと来てくれ」だそうです。

3.コンピュータ(20世紀)

「コンピュータの父」と呼ばれるイギリスの数学者「チャールズ・バベッジ」は、自室で間違いだらけの対数表を見ていた時に、機械に計算させることを思いつきました。

そうして世界で初めて「プログラム可能」な計算機と、複雑な設計を考案したのですが、最後まで作り上げることができませんでした。

しかし彼が残した試作品は、のちのIBM社のパーソナルコンピューターの基になったと言われており、完成しなかった機械は今もサイエンス・ミュージアムに展示されています。

2.ポリオ・ワクチン(1953年)

アメリカ合衆国の医学者ジョナス・ソークは、不治の病とされていたポリオウイルスに有効なワクチンを開発しました。

多くの人々の命を救うため、早く開発することだけに集中し、個人的な利益は一切求めなかった彼は、テレビのインタビューで「このワクチンの特許を保有しているのか」と聞かれ「特許は存在しないよ。太陽に特許は存在しないように」と答えました。

1.X線(1895年)

1895年に陰極線の研究をしていたヴィルヘルム・レントゲンは、机の上の蛍光紙の上に暗い線が表れたのに気付き、そこからX線を発見しました。

この世紀の大発見に、世間から脚光を浴びましたが、ヴィルヘルムは、ノーベル賞(当時は今ほど大きな賞ではない)以外の賞は受け取りませんでした。

また科学の発展のために個人的な利益を得るべきではないとして、特許も取得しませんでした。

スポンサードリンク

コメント