1週間でお腹の脂肪を減らす3つの方法

 合コンの一週間前になって、お腹にたんまり脂肪を溜めこんでいる場合、これはもう・・欠席しようかなぁと思ってしまう人もいると思います。

 しかし諦める必要はありません。

 栄養士と運動トレーナーによって考案された、7日間でお腹の脂肪を減らす方法を行なえば、あなたも短期間でダイエットに成功することができます。

 今回は、そんな1週間でおなかの脂肪を減らす方法を解き明かしていきましょう。



    スポンサードリンク

1.レモン水

 レモン水とは、レモン汁を絞り、ミネラルウォーターに加えたシンプルなものです。

 このレモン水は、便秘の解消や、脂肪燃焼効果など、体の中をキレイにしてくれることが実証されているデトックス飲料です。

 お腹周りの脂肪をより効果的に燃焼させるために、だいたい1日に400ml(コップ1杯分)のレモン水を飲むことが推奨されています。

 より早く、ダイエットがしたい場合は、このレモン水とは別に、1日に、コップ8杯の水を飲みましょう。

 ただし、キンキンに冷えた水は体を冷やすので、常温のものがおすすめです!

2.運動を取り入れ、新鮮な空気を吸う

 さて、水をたくさん摂り、レモン水も毎日コップ2杯摂ることにしましたが、合コンまで時間がありません。

 仕方ないので、運動でもしましょうか。

 といっても、毎日忙しく働いているあなたに過剰な運動を勧めているわけではありません。

 朝一番にジョギングやウォーキングをすればいいのです。酸素が脳や筋肉に送られるので、代謝がとても良くなります。

 そのため、朝ごはんを食べる頃には、より多くのカロリーがより早く燃焼される体になっているでしょう。

 朝が厳しいというかたは、夜に歩くのでもいいですが、カロリー燃焼のためにも、少なくとも一日10,000歩を目指してください。

3.最高のトレーニング法「Hiit(ヒット)」

(image..vokka.jp)

 さて今まで紹介した方法をより加速させたいのでしたら、HIIT(High-intensity interval training)トレーニングを始めていきましょう。

 HIITとは、『全力で動く運動』と『ゆるい運動』を交互に繰り返すトレーニングのことで、10秒間全力疾走をした後に、ゆっくりとしたペースで10秒ほど、歩きます。

 そして、また10秒間全力疾走をした後に、ゆっくりとしたペースで歩くのです。

 これを8~10回繰り返せば、あなたの腹部の埋蔵金は、驚くべき早さで、燃焼していきます。

 余裕があれば、他のHiitメニューを試していきましょう。



スポンサードリンク

 以上が、1週間でおなかの脂肪を減らす3つの方法です。

 多くの時間を使わずに行える簡単な方法ですが、何事も続けなければ効果はありません。

 ジャンクフードやスナックを食べたくなってしまったら、誘惑を断ち切るためにも、完璧なボディーになった自分を想像するといいですよ!

スポンサードリンク

コメント

⚡️電撃ランキングの最新記事をお届け