目を疑いたくなるほど奇妙でカッコイイ生き物8選

 皆さんこんにちは!電ラン子です!

 実は動物園や、図鑑で見られる生き物はほんの一部で、世界には、まだまだ多くの変わった生き物が生息しています!

 その中には、あまりに個性的な見た目をしているので、まるで作り物のような生き物も存在しています。

 今回は、そんな目を疑いたくなるほど奇妙でカッコいい生き物を8種類見ていきましょう!



    スポンサードリンク

8.アンゴラウサギ

(image…pinterest.jp)

 こちらのフワフワの生き物は、長く上質な毛を取るために品種改良によって生み出されたアンゴラウサギという品種です。

 その毛は、細くて軽く、カットしなければ、どこまででも伸びてしまうので、3ヶ月に1回は、バリカンでのカットが必要になります。

 走り回ったりするようなウサギらしい俊敏さはあまり無く、どちらかというと、ボーッと物静かに過ごすタイプのようです!

7.ウミヤツメ

(image..iflscience.com)

 この生き物は、ヨーロッパの大西洋岸、西部地中海で見られるウミヤツメと呼ばれる寄生性のある巨大なウナギです。

 成体になると、体長は約1mにも達し、吸盤状の口で魚に吸い付き、鋭い棘のある舌や歯で、魚を生きたまま捕食します。唾液は、血液の凝固を妨ぐ作用があるため、攻撃を受けた獲物は、ほとんどの場合、大量出血や感染症によって死に至ります。

 見た目通りのヤバイやつです。

6.アオミノウミウシ

(image..radiozero.cl)

 この生物は、一見、鳥のようにも見えますが、アオミノウミウシという、体長は20~50ミリメートルほどのウミウシの一種です。

 その美しい見た目から、別名「ブルー・ドラゴン」とも呼ばれていますが、猛毒のクラゲ類の刺胞を体内に取り込んでおり、刺されるとアナフィラキシーショックを引き起こし、死亡する危険性もあります。

 この一見派手にも思える青色の体色は、海の色に擬態できるように、上から見ると青色になっており、下から見た場合は、空の色に擬態できるように、銀灰色(ぎんかいしょく)になっています。

5.ジンガサハムシ

(image..hiveminer.com)

 この虫を森の中で見つけたら、生き物だと思うでしょうか?まるで金貨のようなので、とりあえず持って帰ろう・・という気分にさせられますね。

 この生き物は、別名「ゴールデントータスビートル」と呼ばれる、植木や草花を食べる昆虫です。

 体の色は、個体差があり、金ピカのものから、銅のように濁った色のものもあります。



スポンサードリンク

4.ロングノーズバットフィッシュ

(image..pinterest.co.uk)

 主にカリブ海に生息しているロングノーズバットフィッシュは、水深約100m~700mに潜んでいる深海魚の一種です。

 あまり泳ぐことはせず、海底にジッとしているか、ヒレを使って海底を歩くように移動しています。この生き物は、様々な色形のものがおり、口元が真っ赤で、まるで口紅を塗っているかのような個体も存在しています。

3.サキ

(image..typepad.com)

 この生き物は、南米アマゾンの北側に生息している、サキというサルの一種です。

 メスは、黒みがかったグレーの毛で全身が覆われていますが、オスは、顔だけが白い毛で覆われているため、ちょっと面白い見た目をしています。その違いに、雌雄を並べると、別の種類の生き物に見えるほどです。 

 他の猿とは異なり、両親と子供だけの小さなグループで生活をしています。

2.センザンコウ

(image..maxisciences.com)

 どっからどうみてもサンドパンのような見た目の、この生き物は、センザンコウという、体表を硬いうろこで覆われた哺乳動物です。

 長い舌を持っている所は、アリクイにも似ていますが、学問の分野ではネコに最も近い哺乳類とされています。

 このうろこは外敵から身を守るために役立ちますが、一方で、漢方薬の原料として密猟者に狙われ、絶滅の危機に瀕しています。



    スポンサードリンク

1.コブタイカ

(image..humanite-biodiversite.fr)

 これはどう見てもジブリ映画のキャラクターにしか思えませんよね。

 ぶよぶよした塊に顔が描いてあるように見えますが、実は、深海に生息する、コブタイカと呼ばれるイカの一種です。

 体の表面にある模様は、色素沈着によるものですが、この個体の模様は、ちょうど笑った口のように見えて可愛いですね!

 体長約10cmほどで、プニプニしているようなので、仕事の休憩時間に、もみほぐしたいですね!

スポンサードリンク

  1. ウミウシの類は何であんなに派手なんだろう。一度海で、黄色とオレンジの太いムカデみたいなのを見つけたけど、あれもウミウシだったんだろうな。
    それにしてもジンガサハムシさん、かっけー。

  2. ウミヤツメは鰻じゃないぞ。ヤツメウナギの仲間だけど、ウナギとはまったく違う、もっと原始的な生き物だから。

コメント