Amazonで買える奇妙な高額商品TOP10

Amazonのおかげで、今ではお店に行かなくても大抵のものは買える時代になりました。

しかし実際に現物を見るわけではないので高価なものは買わないようにしているという人も少なくないのではないでしょうか。

今回は、そんなAmazonで買える奇妙な高額商品を10品見ていきましょう!



    スポンサードリンク

10.クアッドコプタードローン/約250万円

(image..amazon.com)

ドローンの価格はその性能に応じてかなり幅がありますが、このドローンは、Amazonで買える中では一番高価な商品です。

SONYの高解像度カメラやサーモグラフィーといった自慢の機能がついているので、人質を取って立てこもった犯人を空撮するといった、大人の楽しみ方もできそうです。

9.ポケモン図鑑/約550万円

(image..amazon.com)

アメリカのAmazonには、ポケモン図鑑が販売されています。こちらの商品は何年も前から出品されており、最初は約2,000万円の値を付けていました。

今は500万円にまで値段を下げましたが、実際のところ、このポケモン図鑑は、第二世代までのポケモンの情報を表示するだけの機能しかないので、本気でポケモンマスターを目指す人以外は、買わないほうがいいでしょう。

8.グランドピアノ/約650万円

(image..amazon.com)

オーストリア発祥の有名ピアノメーカー「べーゼンドルファー」はそのピアノのクオリティの高さから「ウィーンの至宝」とも呼ばれています。

このピアノは、ピラミッド・マホガニーという今では伐採が禁止されている木材を使用しているため、非常に貴重なピアノになっています。

さらにこの商品は1900年に製造されたものなので、アンティーク的な価値が増していくことも考えると、650万円でもお得なのかもしれません。

7.切手のモデル写真/約770万円

(image..amazon.com)

この商品は、ナタニエルデューエルが撮った白黒の写真を、手で薄く色付けした彩色写真というもので、1928年の5セント切手のデザインの元になった写真です。

出品者は、撮影者のお孫さんなので、偽物である可能性は低いのですが、とても価値のあるものなので、できればお孫さんに大切に持っておいて欲しい気もしますね。

6.ベーブ・ルースのサインバット/約1500万円

(image..amazon.com)

Amazonでは、野球の神様とも言われたアメリカの国民的ヒーロー、ベーブ・ルースのサインバットまで手に入ります。

こちらは、193547日に使われたもので、しっかりと署名が付属されています。

ベーブ・ルースにまつわる記念品は年々価値を上げているので、このバットも今買っておけば、数年後にはもっと高値で売れるかもしれませんよ!

5.パテック・フィリップの自動巻き時計/約2000万円

(image..amazon.com)

パテック・フィリップは1839年創業した、スイスの老舗高級時計メーカーです。この商品は、24金イエローゴールドのケースに、北半球の夜空をイメージした青い文字盤が映えて、とても素敵ですよね。

ヴィクトリア女王やローマ教皇など、錚々たる顔ぶれに使われてきたメーカーの時計となればこの価格でも納得ですが、現物を見ずに2000万円も払える人がいるのでしょうか・・・。



    スポンサードリンク

4.中国・儀隴のシルクカーペット/約2200万円

(image..amazon.com)

この商品は、12人の織工(しょくこう)が18ヶ月かけて完成させた大作で、何と重さは21kgもあります。中国の清明節という日本でいうお盆のような行事の様子を描いたもので、カーペットというより絵画のようですね。

2200万円というのは高いなぁと思いきや、なんとこのカーペットの元値は、3000万円越えで、これでも30%オフのセール価格なんです!

800万円引きと聞くと、ちょっと欲しくなり・・・ませんね。

3.1943年製造のペニー硬貨/約2800万円

(image..amazon.com)

第二次世界大戦中の1943年、銅は戦争で薬莢などの武器製造に重宝されたため、アメリカは一時期、銅100%ではなく、亜鉛でコーティングされたセント硬貨を製造していました。

このAmazonで販売されている硬貨は、その時作られた非常に希少なもので、2800万円という価格を付けています。

偽物も多く出回っているようですが、この出品者はレビュー件数も多く良好なので、信じてみる価値はあるかもしれません。

2.ローラ・ロカデリの肖像画/約3300万円

(image..amazon.com)

Amazonで買える絵画の中で一番高いのが、ベルナルディーノ・カンピの「ローラ・ロカデリの肖像画」です。

1500年代に活躍したベルナルディーノ・カンピは、イタリアの画家で、この絵は、自身の姪をモデルに描いた肖像画です。

正直、絵画自体の作品価値は分かりませんので、3300万円という値段に関しては何も言うことはありませんが、送料1万円はマケて欲しいところです。



    スポンサードリンク

1.「メトロポリス」のロビーカード/約3900万円

(image..amazon.com)

ロビーカードというものを知っていますか?

ポスターより小さなサイズの厚紙に映画のワンシーンを切り取ったスチル写真や絵を印刷したもので、昔、宣伝方法が限られていた時代にはポスターと並んで重宝されていました。

テレビや雑誌の普及とともに姿を消してしまいましたが、今では当時人気の高かった映画のロビーカードが高値をつけています。この商品は1927年に公開された無声映画「メトロポリス」のロビーカードで、特に価値の高い一品なんだそうです。

残り一品なので欲しい方は、お早めに!

via..therichest.com, Wikipedia

スポンサードリンク

  1. 古くてレアな物が高額なのはあたり前じゃなかろうか
    どこが奇妙なんだ?

コメント