実在した恐ろしい古代の生き物たち10選

文明の進化した人類にとって、命を脅かすような生物はほとんどいなくなりましたが古代には今の技術力をもってしても敵わないようなモンスターたちがうようよいました。

今回は、実際に実在した恐ろしい古代の生き物たちを10種類見ていきましょう!



    スポンサードリンク

10.リヴィアタン・メルビレイ

(image..natureworldnews.com)

約1200年前に生息していたとされるリヴィアタンは、クジラの一種で17mほどの巨体を誇っていました。

約30cm近い大きな歯を持っており、これは捕食に用意られる歯としては動物の中で最大の大きさを誇っています。

まさに生きる潜水艦のようなリヴィアタンは、海の中で何百万年にも渡り、メガロドンと共に絶対王者として君臨していました。

 

9.ティタノボア

(image..grizly.com)

約6000万年前に生息していたティタノボアは、全長は12-15m、体重はおよそ1,135kgを誇る世界最大のヘビです。

化石は餌にしていたとみられるクロコダイルやカメと一緒に見つかっており、熱帯雨林の水辺に生息していたとみられています。

最も太い部分の直径は1mと見積もられており、こんな蛇に締め上げられたらまず助かりませんね。

8.サルコスクス

(image..ourplnt.com)

白亜紀のアフリカに生息していたサルコスクスは、史上最大のワニとされており、全長12メートル体重8トンもありました。

1997年に西アフリカのニジェール川で、このワニの化石が発見されており、主に魚や恐竜を補食していたと考えられています。

7.アンドリューサルクス

(image..providr.com)

約3,600万年前のモンゴルに生息していたとされるのが、史上最大の陸生肉食獣とされるアンドリューサルクスです。

体長382cm、体重約380kgというその巨体と、陸生肉食哺乳類最大の顎で猛威を振るっていました。

これほどのモンスターでしたが、気候の変動により絶滅してしまいました。

 



スポンサードリンク

6.モササウルス

(image..duolingo.com)

モササウルスは、約6,500万年前に生息していたとされる、海の王者です。

体長18m、体重は約40トンにまで成長し、現在も地球上の歴史において海洋動物の中で最も危険な生き物だと言われています。

モササウルスは、噛めるものであればどんなものでも食べてしまう様な生き物で、小さい獲物よりもクジラなどの大きな生物を好んで捕食していたとされています。

 

5.ギガントピテクス

(image..thelivingmoon.com)

身長約3m体重約400kgに達すると推測されるギガントピテクスは、約100万年前に中国やインド、ベトナムに生息していた史上最大の霊長類です。

竹を主食としていたとされ、その怪力で猛威を振るっていました。

しかし、体が大きいため多くの食料が必要で、パンダとの竹争奪戦に敗れ絶滅したとされています。

 

4.ダンクルオステウス

(image..thecoli.com)

恐ろしい魚というとサメを思い浮かべますが、太古にはまるで軍艦のような魚も存在していました。

ダンクルオステウスは、体長9mとまずまずの大きさですが、その鋭敏さと、ギロチンの様な顎で猛威を振るっていました。

また重厚な装甲を持っていたため、衝撃に強く、化石が多く見つかっています。

 



    スポンサードリンク

3.ジャケロプテス

(image..emgn.com)

今から約3億9000年前に生息していたジャケロプテスは、全長2.5mもある海のサソリで、その長い手足で、横切った獲物をバラバラにしていました。

ジャケロプテスとの遭遇は、体が大きな動物にとっても恐ろしいものだったでしょうね。

 

2.ケツァルコアトルス

(image..welt.de)

ケツァルコアトルスは、約8400万年前に北アメリカ大陸に生息していた史上最大級の翼竜(よくりゅう)で、翼を広げると18メートルもありました。

約50km/hで飛行し、上空から獲物を見つけては、着陸しその大きなクチバシで獲物を仕留めていました。

ケツァルコアトルスの体は、骨の内部が空洞になっており、軽量化されているため、成体でも70kg程度しかなかったとされています。

 

1.スピノサウルス

(image..coolweirdo.com)

白亜紀に生息していたとされるのが、史上最大の肉食恐竜であるスピノサウルス(棘トカゲ)です。

ジュラッシクパーク3でも出てきますよね!
全長は15 – 17メートルで、体重は、約20トンあったのではないかとされています。

最大の特徴である背中にある帆のような突起物は炎暑の気候に適応し、体温を逃す働きをしていたとされています。

 

スポンサードリンク

コメント