オークションで高額落札されたガラクタ5選

 皆さんの家に、古いおもちゃやガラクタなどはありませんか?

 ビックリマンシールや、ポケモンパンについてくるシールなど、大人になると一見ゴミに見えるものでも、オークションに出品すれば、驚くような値を付けるものもあります。

 今回は、そんなオークションで高額落札されたガラクタを5つ見ていきましょう!



    スポンサードリンク

1.野球カード

(image..www.wikiwand.com)

 1909年から1911年の間、アメリカのタバコ会社は、タバコのおまけとして様々な野球選手のカードを発行していました。

 しかし、非喫煙者である野球選手の「ホーナス・ワグナー」は、カード欲しさに、子供がタバコを買う可能性があるとして、自分のカードが発行されることを快く思っておらず、早い段階でワグナーのカードのみが回収されることになりました。

 そのため、彼が載っているカードは未回収の50枚~200枚ほどしか出回っておらず、いつしかカードは伝説化され、徐々に値を上げ、1976年には、90万円ほどの価格にまで高騰、2013年には、オークションで約3億円の値を付けたのです。

 3億というとあまりピンときませんが、ホーリーナイトドラゴン1万枚分と考えるとその凄さがお分かり頂けるとおもいます。

2.マクドナルドの四川ソース

(image..mashable.com)

 マクドナルドのナゲットのソースといえば、バーベキューとマスタードですよね。

 ソースをつけずに食べても美味しいのですが、実は他にもソースがあることを知っていましたか?

 1998年に、マクドナルドは、スポンサーを務めたディズニー映画のプロモーションとして、「四川風味ソース」を限定で販売することにしました。

 そのソースがまことしやかに人気になったため、2017年に1日限定で、「四川風味ソース」を再登場させると、販売開始と同時にソースはすぐに売り切れ、ソースを変えなかった多くの人たちが、マクドナルドに抗議する事態にまで発展しました。

 レイチェル・マリーさんは、幸運にも、1パックの四川風ソースを手に入れることができましたが、食べることなく持ち帰り、試しに、オークションに出品すると、四川ソース1パックとウォルクスワーゲンGolf GITを交換することに成功しました。

 ナゲットは・・ソースなしでいいと思うんですけどね。

3.レディー・ガガの爪

(image..www.businessinsider.com)

 私たちの爪にはなんの価値もありませんが、有名人ともなると、それなりの値打ちになります。

 レディー・ガガは、奇抜なファッションと、激しいパフォーマンスをすることで有名なアーティストですが、あるコンサート中にガガのつけ爪が取れてしまい、パフォーマンス終了後に、ステージ上でスタッフがそれを発見しました。

 その後そのスタッフは、その爪を持ち帰り、試しにオークションに出品してみると、なんと約120万円で落札されたのです。

 確かに、かっこいい付け爪ですが120万円は、高すぎる気が・・。



スポンサードリンク

4.ハッピーセットのおもちゃ

 子供の頃、マクドナルドのハッピーセットのおもちゃを集めたことはありませんでしたか?

 いつしか、ハッピーセットを食べなくなり、おもちゃもどこかへいってしまいました。

 イギリスの当時11歳だった少年のハッピーセットへの情熱は、凄まじく、約7,000種類以上のコレクションが綺麗に保存されていました。

 このコレクションを集めるために、約1万食ほどのハッピーセットを食べたそうで、少年によると101匹わんちゃんを101匹集めるのに苦労したそうです。

 しかし、少年も、少しずつ大人の階段を踏み出し、このコレクションを売ることに決めました。

 早速オークションにかけたところ、保存状態も良く、レアなものも多かったため、このコレクションは、約123万円で落札されました。

 なんだか、嬉しいけど、少しだけ寂しいような・・複雑な気持ちになりますね。

5.隕石

(image..www.meteorite-recon.com)

 最後はガラクタではないのですが、見る人によってはただの石に見える隕石です。

 アメリカのアリゾナ州在住のマービンキルゴアさんは、アフリカの西サハラで630グラムの隕石を発見しました。

 この隕石は、アポロ計画でも人類が踏み入れたことのない場所から飛来したもので、1グラム110万円という値段がつくものでした。

 拾った隕石は、630グラムあったので、全て売れたとすれば、なんと推定7億円になります。

スポンサードリンク

コメント

⚡️電撃ランキングの最新記事をお届け