バービー人形の意外な事実8選

バービー人形を知らないという方はいないのではないでしょうか?

バービー人形は、全世界で10億体以上も販売され、現在でも不動の人気を誇っています。

しかしそんなバービーにもあまり知られていないこともあります。

今回は、そんなバービー人形の知られざる事実を8つ見ていきましょう!



    スポンサードリンク

8.日本出身!?

(image..myvintagebarbies)

バービーは日本生まれということを知っていますか?

実は、初期のバービー人形は日本で製造され、洋服はすべて手縫いされていました。

その理由は、日本独自の縫製技術とファッションセンスを組み合わせたいという思いが、あったからなのだそうです。

7.バービーのモデルは他の人形

(image..pexels.com)

バービーはある1人の人形からヒントを得て作られました。

今から約60年前、バービーの発売元であるマテル社の創業者ルース・ハンドラーさんがスイスを旅行していた時に、「ビルド・リリ」という人形を子供のお土産として購入しました。

家に持ち帰り、子供に与えたところ、子供は、赤ちゃん人形よりも「ビルド・リリ」で遊んだのです。

それを機に、ルースさんはバービー人形を作ることを思い立ちました

6.1秒で3体

(image..casinhadacys.com)

2008年には、バービー人形は1秒に3体が、世界のどこかで売られていました。

今でも毎年アメリカで生まれるバービー人形の数は約400万体で、どれだけバービーが女の子たちに影響を与えているのかがわかりますね!

5.一番売れたバービー

(image..ebay.it)

最も売れたバービー人形は、1992年に発売された「バービー トータリーヘア リプロ」です。

このバービー人形は、美しい髪がつま先まであり、色々な髪型を試すことができました。

やはり長くて綺麗な髪の毛は、女の子の憧れなのかもしれませんね!



スポンサードリンク

4.地球8周

(image..napervillepodiatrist.com)

1959年以来販売されているすべてのバービー人形を並べると、その長さはなんと地球の周りを8周してしまう長さになります。

全世界での販売数は10億体を超えるといわれており、バービーがどれだけ売れているかが、よくわかりますね。

3.ケン

(image..closetonline.com.br)

バービーのボーイフレンドのケン(ケン・カーソン)は、マテル社の創設者の息子の名前が由来になっています。

残念ながら本物のケンさんは、1994年に50歳の若さで亡くなってしまいました。

2.職業

(image..pressherald.com)

あまり仕事をしているイメージのないバービーですが、実は既に150種あまりの職歴を持っており、現在も本当にやりたいことを探して転職を繰り返しているようです。

そんなバービーですが、実はアメリカの大統領になるという野望を持っています。

 



    スポンサードリンク

1.彼氏

(image..mnhs.org) 

バービーとケンの関係はいつも良好と思えるのですが、2004年に彼らは、破局を迎えています。

しかし2013年のバレンタインデーには、バービーは自身のフェイスブックでプロフィールを「彼氏なし」から「交際中」に変更しているので、どうやら仲直りしたようです!

スポンサードリンク

コメント