危険すぎるブラックフライデー8選

突然ですがブラックフライデーを知っていますか?

ブラックフライデーとは、11月の第4金曜日に毎年行われるセールのことなのですが、毎年激しすぎる商品の争奪戦が繰り広げられます。

今回は、そんな物を売るってレベルじゃない8つのブラックフライデーを見ていきましょう!

8.テレビ争奪戦

テレビ争奪戦2

この写真はイギリスにあるアズダという家電量販店の光景です。

セール品を前に、優しさなど微塵もなく後ろで苦若いをしている人を除いて、誰もが啀み合っているようにみえます。

ブラックフライデーでは、ほかの人のカートに入っていたとしても、とにかく手を伸ばすことが大切です。

7.攻撃は最大の防御

ブラックフライデーでは、1つの商品をめぐって銃やナイフはもちろん、唐辛子スプレーを使った戦闘が起こることもあります。

この写真は、女性による唐辛子スプレー攻撃を受けた男性の姿です。

彼女がそうまでして欲しかったのは、ビデオゲームでした。

この事件では10人が女性からのスプレー攻撃を受け、女性はその日の午後に逮捕されました。

6.休戦

これはウォルマートの買い物客が、警官に押さえつけられている光景です。

人を押しのけ、なんとしても彼が手に入れたかったのは、フォンデュ鍋だったそうです。

しかし、あと一歩のところで、警官に捕まってしまいました。

この時ばかりは、他のお客さんも一時休戦し、写真を撮りまくります。

5.オムツ

彼女をよく見ると、オムツを履いて買い物をしています。

気が狂っているように見えますが、これには訳があるようです。

1年前のブラックフライデーで彼女は、手にしていた商品を奪われてしまったのです。

その経験から、ズボンの上におむつを穿き、その中に商品を入れておくという作戦を思いついたようです。

その結果、彼女は半額のDVDと、iPodを購入することができました。

4.強奪

これは、2009年のニューヨーク、クイーンズ地区の写真です。

老人が、ブラックフライデーで、テレビを購入した後に腹を撃​​たれ、強盗に遭いました。

犯人は、購入されたばかりの、大型テレビを車に運び込もうとしましたが、テレビが大きすぎたため、車に乗らず、やむなくその場に置き去りにしていきました。

3.生まれる

この写真では伝わりにくいかもしれませんが、女性が地面に座っているのがわかるでしょうか?

彼女は今まさしく出産をしています。

赤ちゃんはセールの日に出てこようと決めていたのでしょう。

しかし、そんな彼女に気を使う人は少数で、傍を何百人もの群衆が、セール品に向かって突進していきます。

人間の善意はセール品に負けてしまうのかもしれません。

2.テレビ事件 part2

こちらはイギリスのスーパーマーケットの光景です。

男性は同じテレビを2台確保することができましたが、テレビは1人1台しか購入できなかったため、仕方なく電話で知人を呼ぶことにしました。

しかしその隙に、テレビを1台奪われてしまったのです。

怒った男性は暴れ始めたため、結果的に拘束されてしまいました。

1.入り口からの侵入 

こちらは、プエルトリコにあるベスト・バイという量販店で撮影されたものです。

客が入り口の隙間をこじ開けて、少しでも早く商品を手に取ろうとしています。

結局、貪欲な客が、約10人入ってしまいました。

お店側は、大きな利益目標を達成するために、こういった客にも目をつむるという現状があるようです。

スポンサードリンク

コメント