脳に関する8つの真実

脳は人間が全員当たり前に持っている臓器の一つですが、まだまだ解明されてないことも多く、未知の世界ですよね。

その中でも驚くべき事実がたくさんありますので、今回は8つご紹介します。



    スポンサードリンク

8.脳は痛みを感じない

脳には痛みを感じる機能がありませんので、患者に意識があっても脳の外科手術は可能なのです。

痛みとはそもそも痛覚から神経を通じて脳に信号を送り、脳が危険危険信号として反応するものです。

脳自体は危険な目にあっても信号が送れないんですね….。

7.脳は1ぺタバイト記憶することができる

脳には約1兆個もの、電気信号を発して情報をやりとりする神経細胞があります。

質量は、成人男性で1300~1500g、成人女性で1200~1400gと言われています。

75%は水でできており、1ぺタバイトもの情報を貯蔵することが可能です。

これは、HD品質の映像で、なんと13.3年分のデータ量に相当します。

6.アインシュタインの脳は保存されている

(image..alarabiya.net)

ドクタートーマスハーヴェイは、アインシュタインが亡くなった7時間半後、脳の切除手術を行いました。

学術研究のためですが、その後アインシュタインの脳は240ピースにまでスライスされたため、1個の脳としては残っていません。

今でもそのピースはホルマリン漬けで保存されています。

またアインシュタインの脳は成人男性の平均の脳の重さ1400gよりも軽く、1230gでした。

しかし、他の研究では、脳が大きい人ほど知性が高かったそうです。



    スポンサードリンク

5.右脳と左脳では違いがある

(image..lefhandersday.com)

脳は2つに半球上に分かれており、左脳は理性的に分析を、右脳は感覚的に働きます。

そして、体とのコントロールは全て左右反対で、例えば左足のつま先に痛みを感じる時は、右脳で痛みのプロセスを進めているのです。

また、目からの情報は全て上下左右反対の状態で入ってくるものを脳が正しているのです。

4.男性の方が10%脳が大きい

(image..thirdage.com)

理論上は男性の方が頭がいいということになりますが、女性の脳の方が小さくても、神経細胞の働きは男性よりも効率的なのです。

また女性は感情的に、男性は論理的に考えるようになっています。

単に傾向というだけなので、全ての人がそうとは限りませんので、気をつけてくださいね。

3.就寝時のほうが脳はより活発

(image..bryanking.net)

日中よりも夜のほうが脳の活動は活発的になるため、夢を見るのもそのせいではないかと研究者は考えています。

最近の研究では、この就寝時の脳の活動がトラウマの緩和に効果的だという結果が出ています。

また、IQが高い人ほどより夢を見るそうです。

さらに、昼寝はより活動的に、集中して物事を取り組むためにはとても効果的だそうです。

上司に伝えてみてはいかがでしょうか。



スポンサードリンク

2.ニューロンは成長し続ける

脳や神経組織は、成長したり、再生しないものだと考えられてきました。

しかし、最近の脳に関する研究で、神経細胞は生涯を通して成長できることが発見されたのです。

1.脳は、電球と同じ量の電力で動く

脳は、様々な革新的なアイディアを出すため、多くのエネルギーを消費していると思いがちですが、脳は小さな電球と同じくらいのエネルギーしか生成しないのです。

これを多いエネルギーと取るか、低いエネルギーと見るかは人それぞれですけどね!

スポンサードリンク

コメント