良い恋人を選ぶ方法9選

 恋人選びは重要ですよね。実際に付き合ったり、一緒に生活をしていくなかで「こんなはずじじゃなかった…」と後悔する前に、今回ご紹介する9のことをしっかり頭に刻んで恋人を探しましょう。

 恋人探しに悩んでいる方はできることから実践していくと上手くいくかもしれませんよ。



    スポンサードリンク

9.孤独から抜け出すためだけに選んではいけない

(image..pixabay.com)

 中には、独りで日々を過ごすことを恐れるあまり、大して好きでもない相手と適当に関係を築く人もいます。この人だ!という人を見つけるまでは独りでいることを恐れず、しっかりと相手を見極めましょう。

 適当な選択には不安や混乱、何かがしっくりこない、といった感情がつきまといます。

8.関係を急がない

(image..pixabay.com)

 気になる人ができるとどうしても早く関係を深めたいと焦りがちになってしまいますが、自分自身のことをしっかりと知ってもらうことが先です。

 お互いに知っていくことでどうしても合わない部分が見つかるかもしれません。恋に落ちた瞬間は論理的な思考もできなくなってしまいますが、関係を深めるためには落ち着いて、ゆっくりと知り合って行きましょう。

7.隙を見せる

(image..pixabay.com)

 気になる人のタイプに近づけるようなファッションをしたり、自分の魅力が増すようなことを心がけたり、自分にももしかしてチャンスがあるのかも、と思わせられるような隙を作ることで興味を持ってもらうことから始めましょう。



    スポンサードリンク

6.理想は捨てる

(image..pixabay.com)

 理想の恋人の条件を持っている人は今すぐそんな条件は捨て去りましょう。全ての条件に当てはまる人を探すことは不可能に近いか、もし見つかった場合、条件には当てはまってはいなくても本当に気の合う相手がいるかもしれないその他大勢の存在は目に入らなくなります。

 うわべだけでなく、本質を見極めるためにも、理想の相手はいない、と悟りましょう。

5.人間性や性格を見る

(image..pixabay.com)

 自分のタイプではなくとも、思いやり、誠実さ、正直さ、信頼性や寛大さがある人には少しアンテナを張ってみましょう。

 面白さであったり、冒険家など、自分との関係性を長く築くに当たって、人間性が信頼できたり、価値観が一緒であったり、過ごしていて心地よい相手であることが大事です。

4.一喜一憂しない

(image..pixabay.com)

 片思いの間は、ちょっとしたことで一喜一憂しがちですが、相手の気持ちがわからない不安からくるものです。

 舞い上がっているとどん底の気分になったり、と感情がとても振り回されることがありますが、その感情が本当に好きだからなのか、見極めながら落ち着いて気持ちの整理をする必要があります。

3.自分らしくいれる相手を探す

(image..pixabay.com)

 使い古された言い回しではありますが、事実です。100%自分自身でいられて、それをしっかり受け止めてくれる相手を探しましょう。自分を飾らないでいられる関係はとても心地よく、安心できます。

2.我慢しない

(image..pixabay.com)

 これだけは許せない、してほしくない、我慢できないということは何か、自分で一度考えてみましょう。ずっと価値観の合わない相手といることは不可能ですし、相手も自分もそうそう変わることはできません。

 これだけは譲れない、ということがあれば我慢せずに信念として相手探しの念頭に置きましょう。



    スポンサードリンク

1.楽しむ

(image..pixabay.com)

 気負いすぎず、自分がより幸せになれるように過ごしていると自然と魅力的な人間になることができます。自分でいることを楽しみましょう。

スポンサードリンク

コメント