最悪のコンピューターウイルス5選

 怪しいサイトやメールを、閲覧していると、突然ブワッとパソコンが真っ暗になって、ウイルスに感染してしまった・・という人はいませんか?

 そうなったら、おもいっきりグーでパソコンを叩き潰すしかなさそうですが、世界には、このような悪意のあるウイルスが、悪いプログラマーによって日々作りだされています。

 今回は、その中でも、特に最悪のコンピューターウイルスを5つご紹介します。



    スポンサードリンク

1.メリッサ

(image..ailovei.com)

 メリッサは、1999年5月にメールを介して広まったコンピューターウイルスです。

 そのメールには、「例の書類です。誰にも見せないようお願いします。」と書かれており、「LIST」と書かれたワードのファイルが添付されていました。そのファイルを開いた途端に、様々なポルノサイトが次々と画面上に表示されます。

 お母さんに見つかったら、非常にやばい感じですが、やばいのはこれからです。

 このウイルスは、あなたが受け取ったメールと全く同じ内容のメールを、アドレス帳にある最初の50人に向けて送信します。そうして、たった数日で、このメリッサは、スケベたちのパソコンで、大量に拡散され、約8億円の損害を与えました。

 ちなみに、ウイルスの作成者であるデイビッド・L・スミスは、メリッサが最初に発信されてから約1週間後に捕まりました。

2.I Love Youウイルス

(image..virus.wikia.com)

 2000年の5月に広がったI Love Youウイルスは、たった2日で45億台ものコンピューターに広がり、100億円以上もの損害を与えました。

 このウイルスも、まずはメールから感染するという経路で、タイトルには、「I LOVE YOU」と書かれ、「Love Letter For You .txt」と表記されたファイルが添付されていました。

 このファイルをクリックすると、一瞬にして、パソコン上のすべてのデータが「I LOVE YOUメール」に上書き保存されてしまいます。

 さらに、このウイルスは、あなたのアドレス帳にあるすべての人に送信されるため、爆発的にその数を増やしていきました。

 これらのウイルス作戦者のフィリピン人の2人のプログラマーは、後に逮捕されることになりました。

3. Mebroot

 2007年に広がったMebroot(メブルート)は、怪しいサイトを閲覧したときに、自動的にインストールされ、ハードディスク上の先頭セクターにあたるMBR(Master Boot Record)に感染します。

 当時のウイルス対策ソフトが、Mebrootを検出することは、ほとんど不可能でした。

 そのため、多くの個人情報を盗み出したり、別のウィルスをダウンロードしたりといった被害を出し、2008年の後半までに、50万の銀行から、口座情報などを盗みだしました。

 このウイルスの製作者は、未だに捕まっていません。



スポンサードリンク

4.ストームワーム

 2007年に、発生したStorm wormも、メールを通して広がりました。

 メールのタイトルは「230人が、嵐の影響で亡くなる・・」と、書かれており、添付ファイルの代わりに、メールには、Webサイトへのリンクが記載されていました。

 実際にこのサイトへアクセスすると、ウイルスに感染するのですが、このウイルスは、限りなく「見えない」ようにデザインされているため、感染していることに気づくことはおろか、ウイルスソフトをも欺くほどの、ステレス性をもっていました。

 このウイルスの目的は、破壊ではなく乗っ取ることで、あなたのパソコンをボットネットと呼ばれる、ネットワークへと、自動的に繋ぎ、知らないうちに、あなたのキメ顔自画撮り画像などの重要なファイルを、盗み出します。

 このウイルスは2008年の後期までになくなりましたが、このウイルスを作ったプログラマーは未だに見つかっていません。

5.SQLスラマー

(image..dailystarmovies.com)

 スラマーは、2003年の1月25日に発生したコンピューターウイルスです。

 このウイルスは、MicrosoftのSQLの欠陥をついて、インターネット上に瞬時に広がり、たった10分の間に75,000ものホストコンピューターが感染しました。

 感染したパソコンは、さらに、SQLスラマーのコピーを、サイバースペースに大量に送信し、これによって、韓国ではインターネットと携帯電話サービスがストップし、航空会社はチケットの発券が停止、銀行のATMは機能せず、ネットワーク上が大混乱に なりました。

 SQLスラマーを作り出したプログラマーも未だに捕まっていません。



    スポンサードリンク

 以上が、5つのコンピューターウイルスでした。

 みなさんも変なメールは、くれぐれも開かないように注意してくださいね。

 

スポンサードリンク

コメント