ありえないくらいかわいいミックス犬8選

 あなたの好きな犬はなんですか?

 最近では、ミックス犬が人気になったことで、ペットハウスや、街中で、珍しいミックス犬が増えてきました。

 しかし、世界にはまだまだ知られていない犬が多く存在しています。

 今日は、そんな可愛らしいミックス犬を8種類見ていきましょう!



    スポンサードリンク

1.ジャーベリアン・シェプスキー

(image..www.buzzfeed.com)

 シベリアン・ハスキーと、ジャーマン・シェパードを合わせると、ジャーベリアン・シェプスキーになります。

 ハスキーの綺麗な青または金色の目を持つ美しい犬で、性格は、忠実で、トレーニングによっては、番犬や警察犬にもなります。

 運動好きなので、毎日長い散歩や、激しいトレーニングをしてあげなければ、物足りなさを感じてしまうでしょう。

2.チワックス

(image..www.pet-home.jp)

 チワワとダックスフントを合わせると、チワックスになります。

 大きな耳と大きな目のチワックスは、その可愛らしさからミックス犬の中でも圧倒的な人気があります。

 しかし、チワワの警戒心の強さとダックスフントの吠えやすい性質を持っているので、しっかりとした躾が必要になります。

 またダックスフントの長い胴をチワワの細い足が支えるという、不自然な体格により、足腰に掛かる負担が大きいので、あまり散歩をさせすぎないようにしましょう。

3.ホーギー

(image..petfilm.biz)

 シベリアン・ハスキーとコーギーを合わせるとホーギーになります。

 凛々しいハスキーのままコーギーの体格に小さくなり、なんとも可愛らしい見た目に仕上がっています。

 運動が好きなので、長距離の散歩をしてあげる必要があります。

4.ポメチワ

(image..www.pets-hop.com)

 可愛がられるためだけに生まれてきたような見た目の、ポメラニアンとチワワが合わさると、ポメチワになります。

 二匹の可愛いらしい見た目が組み合わさったルックスと、人懐っこい性格で、ミックス犬の中でもかなり人気があります。

 ただし、飼う際には、こまめなブラッシングとトリミングをしてあげなければなりません。

 またポメチワも、関節が弱いので、激しい運動や、長い散歩は控えた方がいいでしょう。



スポンサードリンク

5.アラスキー

(image..www.instagram.com)

 アラスカン・マラミュートとベリアン・ハスキーを合わせると、アラスキーが出来ます

 どちらもそり引きや狩猟犬として活躍している犬なので、運動能力が高く、飼う場合は、たくさん散歩をしてあげる必要があります。

 友好的な性格なので、侵入者がいてもなついてしまい、あまり番犬としては適していません。

6.チャスキー

(image..enigme.black)

 ほんわかしたチャウチャウと凛々しいハスキーを合わせると、チャスキーになります。かなりチャウチャウの成分が強くでていますね。

 チャスキーを飼う場合は、毎日運動をしてあげることと、寂しがりやな性格なので、かまってあげることが大切です。

 しっかりとしたトレーニングを積むと、監視犬として活躍することができます。

 ただ、毛が多く暑がりなので、気候に注意して飼わなければなりません。

 

7.ワイラマドゥードル

(image..picbear.club)

 モコモコした毛のプードルと短い毛のワイマラナーを合わせると、ワイマラドゥードルになります。

 短い毛がモコモコになり、独特の雰囲気を醸し出していますね。



    スポンサードリンク

8.ビーグリア

(image..www.buzzfeed.com)

 ビーグルとキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルをかけ合わせると、ビーグリアが産まれます

 寂しがり屋な性格なので、仕事で家にいる時間が短い人は飼うべきではない犬です。

スポンサードリンク

コメント

⚡️電撃ランキングの最新記事をお届け