アヒル座りは危険!?やめたほうがいい理由

 「お姉さん座り」って知っていますか?まぁ人によっては「アヒル座り」なんて言い方もしますが、この座り方・・とても可愛いですよね!

 しかし、子供が今この座り方をしているのでしたら、やめさせた方がいいかもしれません。

 なぜならこの座り方を続けていると様々な体の不調につながるからです。

 今回は、そんな手遅れになる前にやめさせたほうがいい「アヒル座り」の謎を解き明かしていきましょう!



    スポンサードリンク

1.アヒル座りの害

(image..www.thesun.co.uk)

 まず、「アヒル座り」を説明していきますね。

 「アヒル座り」は、床に座る時に、膝を前に、足を後ろに向けて、両足の間にお尻を落とす座り方です。

 骨格的に男性には、できない座り方ですが、大人の女性でこの座り方をしている人は見ませんよね。

 それは当然で、大人にとっては、この座り方は楽ではなく、数分で、膝やお尻、腰が痛くなってしまうからです。

 子供達は、体が柔らかいために、この座り方をしても平気ですが、この座り方を続けていると、股関節や骨盤を大きく歪ませる原因になります。

 そうなると、お腹や背中の筋肉が引き締まらないため、ぽっこりお腹や、たるみの原因になるだけでなく、両脚で、体全体の体重を支えなければならないため、脚に、負担がかかりO脚を引き起こす原因になります。

 また骨盤が歪むと、その上にある「子宮」にも悪く、大人になってから、「生理痛・不妊症・子宮筋腫」などの婦人科系疾患の原因となります。

2.いろんな弊害

(image..share.upmc.com)

 これは、もちろんすぐに起こるわけではありませんが、子供の頃からこの座り方を続けていると、大人になるにつれて少しずつ骨盤が歪み、このような症状につながる可能性が高まります。

 ある研究者によると、この座り方をする子供は、運動神経が悪くなり、小さい時にスポーツについていけなくなってしまう場合もあると言います。

 もちろん、子供のころに、この座り方をしていたけど、何の問題もないという人もいるかもしれません。

 症状には個人さがありますし、この座り方をしていても、子供の頃に鬼ごっこをしたり、ケイドロなど、はしゃぎまわったりするのが好きでしたら、この姿勢を長く続けているわけではないでしょうから、害はあまり無かったでしょう。

 しかし、こんな風に脚を曲げて、おままごとなど、座って長時間、遊ぶのが好きだったとしたら、少しずつ骨盤が歪み、将来大きな不調をもたらす原因になるかもしれません。

 不妊の人が増えた原因に、この座り方があるといわれるほど、見た目とは裏腹に恐ろしい座り方なのです。

 もし彼女がこのアヒル座りをしている場合は、注意してあげたほうがいいかもしれませんよ。

 まぁ可愛いんですけどね。

スポンサードリンク

コメント

⚡️電撃ランキングの最新記事をお届け