ありえない不良品5選

物を製造する上で、少なからず不良品がでてしまうのは仕方のないことなのですが

中には、わざと不良品を混ぜているようなケースも存在しています。

今回はそんなありえない不良品を5つ見ていきましょう!

5.充電バッテリー

スマートフォンは、すぐに電源がなくなってしまうので、充電ケーブルを一緒に持ち歩くのはいまや常識ですよね。

ある台湾の不運な買い物客は「シェンゼン」というブランドのモバイルバッテリーを購入したのですが何度スマートフォンに差し込んでも充電されませんでした。

痺れを切らして、バッテリーの中身を開けてみると、そこには単三の電池が一本と、その両脇に砂袋が詰められていたのです。

この一本の電池のおかげで、かろうじて充電することはできますが
満タンになる頃には日が暮れてしまいますね。

4.パンチバッグ

2007年、ある親子がストレス解消のためにパンチバッグを購入しました。

その親子は、パンチバッグをガレージから地下室に移動しているときに

ふと、中に何が入っているのか気になり蓋を開けてみることにしました。

すると、砂やプラスチックの詰め物の代わりに、男性用や女性用の下着がたくさん詰め込まれていたのです!

中には、使用済みのものも入っており、その杜撰さに、逆にストレスが溜まってしまいました。

3.クルミ!?

中国ではクルミを半分に割ってみると、殻の中にナッツではなく石が入っているという事件がよく起きています。

中国ではよくあることのようで、「石クルミを回避する方法」というYouTubeの動画が人気になっています。

その動画によると、偽のクルミは乾いていて、ひびが入っても音が出ないという特徴があるようです。

ちょっと何言ってるかわかりませんよね!

2.ハードドライブ

あるロシア人の男性が500GBの外付けハードドライブを購入しました。

早速、お気に入りの映画をドライブにコピーしていたのですが

なぜか映画は最後の数分だけしかコピーされていなかったのです。

男性はそれを地元の修理店へもっていき、分解したところ、中には、小さな128メガバイトのメモリ記憶装置しかなく、メモリがいっぱいになるとリセットされ
また1から読み込むという動作を繰りかえしていたのです。

両脇には、大きな金属製のねじが「重り」の役割を果たしており、その巧妙さに、唖然としたそうです。

1.iPhoneケース

ある日iphoneのケースカバーを購入した男性は、あまりにもカバーが脆いことに気づき、

意を決して中を確認しました。

するとそこには、紙で作られた歯磨き粉のパッケージが出てきたのです。

さすがにこれはありえませんよね。

スポンサードリンク

コメント