建築家が作った不便で使いづらい日用品15選

 フォークやナイフを使う際に、不便に感じるなんてことはありませんよね。

 私たちの身の回りの物は、誰でも使いやすく作られています。

 しかし、建築家のKampraniさんは、そんな便利なものに手を加えて、あえて不便にした作品を作り直しました。

 今回は、そんなちょっと不思議で、「不便」な日用品を15個ご紹介します!



    スポンサードリンク

#1 使いづらいフォーク

(image..www.theuncomfortable.com)

#2 刺せないフォーク

(image..www.theuncomfortable.com)

#3 飲みづらいワイングラス

(image..www.theuncomfortable.com)



    スポンサードリンク

#4 不便なフォーク

(image..www.theuncomfortable.com)

#5 ペアカップ

(image..www.theuncomfortable.com)

#6 分厚いフォーク

(image..www.theuncomfortable.com)



    スポンサードリンク

#7 砂時計に入った塩・胡椒

(image..www.theuncomfortable.com)

#8 セメント製傘

(image..www.theuncomfortable.com)

#9 奥行きのあるティーポット

(image..www.theuncomfortable.com)



スポンサードリンク

#10 分厚いナイフ

(image..www.theuncomfortable.com)

#11 使いづらいシャンパングラス

(image..www.theuncomfortable.com)

#12 奥行きのあるマグカップ

(image..www.theuncomfortable.com)



    スポンサードリンク

#13 空気で膨らまして使うドアノブ

(image..www.theuncomfortable.com)

#14 座りづらい椅子

(image..www.theuncomfortable.com)



    スポンサードリンク

#15 座りづらい椅子2

(image..www.theuncomfortable.com)

 なんだか普段使っている普通のナイフやフォークが、とても便利なもののように思えてきましたね…。実用性は皆無ですが、インテリアとしては、誰もが注目してしまうので、とてもいいかもしれませんね!こんな家具を使っている街があったら面白そうだなーと思いました。

 今回ご紹介した作品は、建築家のKampraniさんが作られた”Uncomfortable“コレクションの一部です。

 ほかにも沢山作品をあげられているので、ぜひみてみてくださいね!

スポンサードリンク

  1. 建築家なら日用品じゃなくて、住みづらい自宅を創れよ。

    建物探訪で独り善がりの建築家が、拘りぬいて設計したが褒めるトコが収納しかない。みたいな家。

  2. どれも別の用途に使えば便利かも

    使いづらいフォーク→マドラー
    ペアカップ→花瓶
    分厚いナイフ→ナイフレスト、文鎮
    使いづらいグラス→蛇腹ストローで解決
    座りづらい椅子→早く帰ってほしいお客用とかねw

コメント