食後に絶対にしてはいけないこと5選

 皆さんは、食後何をしていますか?

 Youtubeの謝罪動画を見たり、お昼休みに友達と「大富豪」をしたり、寝転がって水曜日のダウンタウンを見るなど様々だと思いますが、食後にしてはいけないことがあるのを知っていましたか?

 今回は、そんな食後にしてはいけないことを5つ見ていきましょう!

https://www.youtube.com/watch?v=YCD2zdXT-Wg



    スポンサードリンク

1.タバコを吸う

 タバコが体に悪いことは、もちろんですが、食後のタバコは特に悪いと言われています。

 たばこに含まれるニコチンは、体内で、消化に必要な酸素と結びつき、発癌物質の吸収を促してしまいます。

 専門家によると、食後のタバコ1本吸うのは、一度に10本のたばこを吸うのと同じ悪影響を体に与えているといいます。

 食後のタバコはおいしい・・とよく聞きますが、食後1、2時間は待ってから、喫煙をしたほうがよさそうです。ついでに言っておくと、就寝前のタバコは、有害物が体内に留(た)まりやすいため、もっとも危険だと言われています。

 食後に、タバコを吸って、すぐ寝るというデスコンボは絶対にやめてくださいね。

2.寝る

 ご飯を食べたあとに、急激な眠気に襲われ、爆睡しているという人もいるかもしれませんね。

 眠くなるのは、炭水化物を食べて、血糖値が乱高下したためです。

 確かに、あのクラクラした感じで、眠るのは気持ちいいのですが、この習慣は健康的とはいえません。

 寝転がることで、胃から消化液の一部が食道に逆戻りしてしまうからです。

 胃液は酸性であるため、食道の内層が焼けて「胃食道逆流症」や「胸やけ」を引き起こす可能性を高めます。

 また食後の睡眠は、体ではなく、消化にエネルギーが使われているので、睡眠の質が悪く、疲れが取れにくいのも特徴です。

3.お風呂

 仕事終わりに晩御飯を食べたら、もうお風呂しかないですよね。

 でも、できれば、お風呂が先の方がいいかもしれません。

 私たちの体は、食べたものを消化するために、胃に大量の血液を集めます。仮に、食後に温水のシャワーを浴びたり、お風呂に入ったりすると、消化に必要なエネルギーや血液が、皮膚の表面に集まってしまうため、消化不良の原因になるのです。

 もし、お風呂やシャワーを浴びたいのでしたら、食べたあと30分間、待ってからにしてみてくださいね。



スポンサードリンク

4.果物を食べる

 「バナナはオヤツ派の連中」のように、すべての果物は、オヤツだと考える人もいるはずです。

 確かに、レストランなどでも、甘くて美味しいフルーツは、デザートとして、食後に運ばれてくることもあります。

 しかし、消化の早いフルーツは、食後に食べると逆効果になります。

 フルーツは、基本的に30分程度で、腸まで届きます。しかし、お肉や、ホイコーローは、2~4時間かけて胃から腸へと運ばれます。

 そのため、食後にフルーツを食べると、お肉の消化渋滞に巻き込まれて、おなかの中で腐敗し、果物のアルカリ性が胃酸と中和することで、消化不良を起こす原因となってしまうのです。

5.お茶、冷水を飲む

 ご飯を食べたら、温かいお茶で一服している人もいるかもしれませんね。

 確かに、落ち着きますが、お茶も冷水も食後すぐに飲むべきではありません。

 お茶には、タンニンが含まれており、食後にお茶を飲むと、鉄分やタンパク質の吸収を妨げることがあります。また、冷たい水も刺激が強すぎて、胃をぎゅっと凝縮することで、消化の妨げになってしまいます。

 逆に温水の場合は、栄養分を効率的に吸収する手助けとなりますので、できれば、常温の水を飲んでくださいね。

スポンサードリンク

コメント

⚡️電撃ランキングの最新記事をお届け