人類が滅亡したら起こること8選

人類は、約600万年前から地球に生息し始めたと言われています。

おそらく人類は地球の寿命が尽きるまで生き続けることでしょう。

しかしもし人類だけが今この瞬間から消えてしまったとしたら・・。

今回は、そんな人類が滅亡したら起こるであろう事を8つの時系列で見ていきましょう!

8.人類滅亡8時間後

car-cemetery-342605_1280-1

人類が滅亡すると、すぐに変化が起こり始めます。

まずほとんどの発電所が、人によって管理されているため、世界中の電力が停止し始めます

これによってライトが消え、機械が停止することでしょう。

世界はほとんど暗闇に包まれますが、ソーラーパネルと風車のおかげで、かろうじて明かりが灯っているでしょう。

7.人類滅亡2日後

2日後にもなると、まだ動いていた風車やソーラーパネルなども停まり、完全に電力のない世界になります。

飼い主を失ったペットと家畜が、飢餓に苦しみなんとか逃げ出そうとするでしょう。

また地下鉄の排水ポンプが停止し、地下が水浸しになります。

6.人類滅亡2週間後

生き残るために大型犬が群れで行動し始め、小さな動物を狩り始めます。

家畜はすでに存在している野生動物にとっての恰好の餌となり、弱肉強食の世界がやってきます。

5.人類滅亡1か月後

(image..Getty)

原子力発電の原子炉を冷やすための冷却水が蒸発し、核爆発が起こります。

その結果、強い放射線が放たれ、河川や海に生息する、ほとんどの生物が滅び、生態系が崩れます。

地球は、かつてないほどの最悪な環境になります。

4.人類滅亡1年後

人類滅亡1年後には、プラスチックや電気部品などが、そこらじゅうに散らばっています。

また管理していた人工衛星が、コントロール不能になり空から落ちてくることによって、流れ星のような美しい光景を見ることができます。

3.人類滅亡25年後

25年も経つと、人間の都合のいいように、育ててきた植物や果物が本来の自然の姿に戻っていきます。

植物はこの頃にはすでに都市を占領しており、建物は、草木に覆われているでしょう。

そしてその草木を求めて、多くの動物たちが都市に移動し、繁殖し始めます。

2.人類滅亡300年後

(image..awebic.com)

この頃になると、多くの動物が世界中のありとあらゆる場所に生息するようになります。

ライオンや、像などのアフリカに生息していた動物も都市で見かけるようになるでしょう。

建物や橋は、腐食によりボロボロになり、少しずつ崩壊し始めます。

海には海洋生物が豊富に生息し、釣りをすれば入れ食い状態になっていることでしょう。

1.人類滅亡5千万年後

人類滅亡5千万年後にもなると、人類の存在を示すものは、プラスチックの欠片だけです。

この惑星に来た宇宙人は、化石の中にわずかに残るプラスチックを見て、あらゆる仮説を立てることでしょう。

via..list25,Getty images,marketwatch.com,photostock

スポンサードリンク

コメント