フライドポテトを食べると早死のリスクが高まる!?

(image..therichest.com)

一度手をつけると止まらないあのポテトフライやホテトチップスを食べることで、早死にするリスクが高まるとしたら、それでもあなたはポテトを食べますか?

2017年6月7日に掲載されたアメリカの栄養学雑誌「アメリカン・ジャーナル・オブ・クリニカル・ニュートリションによると、揚げられたじゃがいもを週に2、3回食べる人は食べない人と比べて、早死にのリスクが2倍も高まるという研究結果が出ています。

主執筆者でイタリアのパドヴァにある国立研究機関所属の科学者、ドクター・ニコラ・ヴェロネーゼ氏は、年齢が49歳~75歳の4449人を対象に、じゃがいもの消費量と、どのように調理してじゃがいもを食べていたのか?をカテゴライズしました。

その結果、8年の研究期間の間に亡くなった236人の被験者のデータを分析していると、彼らは週に最低でも2,3回(時にはもっと)揚げられたじゃがいもを食べていた事がわかったのです。



    スポンサードリンク

(image..therichest.com)

この研究では、フレンチ・フライ、ハッシュドポテト、ポテトチップス、そしてあらゆる揚げられたじゃがいもが対象となっています。

茹でじゃがいも、焼きジャガイモといった、揚げられていないじゃがいもは、食べても死亡率には影響がありませんでした。

被験者の年齢や性別による差はありませんでしたが、男性のほうが多くポテトを消費する傾向があり、さらに若い被験者は更にその傾向が強いようです。

しかし揚げられたじゃがいもには、たくさんのトランス脂肪酸が含まれており、このトランス脂肪酸が心臓血管に関する病気を引きおこすことはよく知られています。

また揚げられたじゃがいもをよく食べる人はすでに肥満であるか、ほかの健康問題を抱えている傾向が高く、この研究では揚げられたじゃがいもの消費量と早死傾向の間に関連性をみつけただけで、具体的な関係性を明らかにしたわけではないと指摘しています。



スポンサードリンク

いかがでしたか?フライド・ポテト恐るべしといった感じですね。

もちろん、ポテトチップスも入るので、週に2,3回揚げられたポテトを食べている人は日本でも少なくないでしょう。

しかし、あの美味しすぎるポテトチップスやポテトフライをやめられるかというと・・なかなか難しいですよね。

スポンサードリンク

コメント