コーヒーが私たちの脳に与える影響

 毎朝コーヒーを飲んでいるという人はいますか?

 コーヒーを飲むと眠気が消えて、キリッとした気分で、仕事に取り組むことができますね。

 では、コーヒーを飲むことで、脳では一体どのような変化が起こっているのでしょうか?

 今回は、コーヒーが私たちの脳に与える影響を解き明かしていきましょう!



    スポンサードリンク

2つの物質の働き

 私たちの脳には「アデノシン」と「アデノシン受容体」と呼ばれる2つの物質が存在しています。

 この物質は、くっつくことで、脳の働きを遅くし、疲れや、眠くなるなどの効果をもたらします。

 夜遅くまで起きていればいるほど、疲れで頭が回らなくなるのはアデノシンによるものです。

・カフェインの性質

 さて、そんな時にコーヒーを飲むとどうなるのでしょうか?

 コーヒーに含まれているカフェインは、アデノシンと構造がよく似ており、脳内に入ると、アデノシンを押しのけて「アデノシン受容体」とくっつくという特異な性質を持っています。

 しかも、カフェインとアデノシン受容体の組み合わせでは、疲労感や眠気を引き起こすことはありません。

 そうなると、脳は身体の疲れを感知できず、眠ることもそっちのけで、働きすぎてしまうのです。これがコーヒーを飲んだ時に、眠気が覚める原因です。

 このカフェイン効果は、飲んでから、8時間続きます。8時間後には、増えすぎたアデノシンとアデノシン受容体がくっつくことで、急激な眠気と疲労に襲われることになります。

 就寝の8時間前に、コーヒーを飲まないほうがいいのは、このためですね。



スポンサードリンク

・覚醒効果

 こう見るとコーヒーは、悪いやつだ・・と思えてきますが、そう思うのはまだ早いです。

 コーヒーには、心拍数を上げ、脳や身体を活発に働かせて、集中的に仕事に取り組むことができるという覚醒効果があります。

 さらに、カフェインによって、やる気の素とされるドーパミンを出すことで、人は幸せを感じるようになります。

 まぁこのせいで中毒になってしまう人もいるんですけどね。

・カフェインの致死量

 仕事前にコーヒーを飲むことで、効率的に仕事をこなせることがわかりましたが、カフェインには致死量があります。

 1kg当たりおよそ150mgが致死量とされており、60kgの成人では、およそ12gが致死量となっています。

 コーヒー1カップ当たりに、大体カフェインが約150mg含まれていますので、60kgの人が、80杯飲むと死亡するという計算になります。

 実際には、それは事実上不可能に近く、コーヒーを大量摂取することで胃が拒否反応を起こして嘔吐を引き起こします。

 ということで、これがコーヒーが脳に与える影響です。

 朝にコーヒーを飲むのはいいですが、アデノシンの増えてきた夜にコーヒーを飲むと、脳も身体も大変なパニックに陥っているようですね。



    スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメント

⚡️電撃ランキングの最新記事をお届け