砂糖が脳に与える影響とは?

 焼きたてのクッキーに、色あざやかなケーキ、そして山盛りのアイスクリームを思い浮かべてください。

 想像するだけで、よだれが出てしまいそうですね!ほとんどの人が甘いものが大好きですが、何故なのでしょうか?また甘いモノに夢中な脳内では何が起きているのでしょうか?

 今日はそんな砂糖が脳に与える影響を解き明かしていきましょう!

https://www.youtube.com/watch?v=aqx1kwIhlLg



    スポンサードリンク

・私たちの身の周りの糖分

 砂糖は、ご飯やパンなどの炭水化物だけでなく、多種多様な食べ物に含まれています。皆さんがよく購入するお菓子のラベルをチェックしてみてください。

 ブドウ糖、果糖、乳糖、デンプン、高果糖コーンシロップ、果汁、蜂蜜も全て砂糖に属します。

 砂糖はお菓子やデザートに含まれるだけでなく、トマトソース、ヨーグルト、ドライフルーツなどにも含まれています。

脳の働き

 さて、そんなどこにでも含まれている砂糖が、舌に触れると、何が起こるのでしょうか?

 コーンフレークを一口食べると、中に含まれている砂糖が、舌の味蕾(みらい)にある甘味受容体を活性化させます。すると甘味受容体は、脳幹へ信号を送り、さらに大脳皮質など、脳の報酬系を活性化させます。

 この大脳皮質では、苦味、塩気、うまみ、そして甘みなどの異なる味覚を処理しており、チョコレートケーキを食べたときに、「美味しい!もっと食べたい!」という潜在的な感情をコントロールしています。



スポンサードリンク

人間の欲求に対する体の仕組み

 このシステムは食べ物以外でもみることができます。

 例えば、人付き合い、性的な行為、そして薬物なども報酬系を活性させる行為の一例です。

 しかし欲にまみれていると、不幸な出来事のきっかけになってしまいます。

 例えば、自制心を失ったり、欲望が抑えられなくなったり、砂糖への耐性が高まることがあります。

 コーンフレークを一口食べた時の例に戻りましょう。コーンフレークは胃まで下り、最終的には腸に達します。そしてどうなると思いますか?

 実はここにも甘味受容体があるのです。そして、余分に摂取した糖分を処理するために、インスリンをもっと生成する必要があるという信号を脳に伝えます。

糖分への依存性

 このインスリンが増えると、同時に、快楽や喜びを感じるドーパミンの分泌量も増えます。

 アルコール、ニコチン、またはヘロインのような薬物は、このドーパミンを過剰に分泌させ、絶えず中毒状態になるように誘導しています。

 砂糖は、このドーパミンを分泌させますが、ドラッグほど激しい分泌の仕方ではありません。

 また、砂糖のように、ドーパミンを誘発する食品は、実は稀です。たとえば、ブロッコリーにはドーパミンを分泌させることができません。

 子供が野菜よりもお菓子を欲しがる理由が分かりますね。



    スポンサードリンク

ドーパミンの分泌

 また空腹状態の時に、バランスの取れた健康的な食事を取ると、過剰な糖分を摂らなくても、ドーパミンの分泌量が向上することもわかっています。

 しかし、もし毎日全く同じ食事を摂った場合、ドーパミンの分泌量は、徐々に減少していきます。

 つまり健康的な食事であっても同じメニューばかりが続くと、飽きてしまうのです。

砂糖過激摂取の結果

 さて、ではドーナツや、菓子パンなどの、糖分の豊富な食べ物を食べ続けたらどうなるのでしょうか?

 砂糖を過剰に食べる人の場合は、ドーパミンの分泌量は低下しません。

 つまり 多くの砂糖を摂取することは、脳に報酬を与え続けることになります。この場合、砂糖はまるで薬物と同じように作用します。

 これが人々が砂糖が含まれた食べ物に夢中になる1つの理由です。そして、砂糖に耐性ができて、満足できなくなると、さらに甘いものへと手を伸ばしていきます。

 あまりにも頻繁に砂糖を摂取することは、中毒になる可能性があるのでオススメ、しませんが、時々ケーキを食べるくらいであれば、それほど問題はありません。

スポンサードリンク

  1. 砂藤と果糖とはちみつは違うと思うんだけどな
    同じ糖分だけど、砂糖はとても悪いとは思うんだが

  2. 佐藤と加藤と八美津は違うと思うんだけどな
    同じ党分だけど、佐藤はとても悪いとは思うんだが

  3. ローカロリーの代用甘味料だと報酬系が全く機能しないから、却って食べ過ぎるという弊害もあるってな。
    普通の砂糖を適量食べるのが一番いいんですよ。

コメント