ありえない緊急着陸6選

 飛行機に乗ると、もしかしたら事故に遭うのではないかとビクビクすることってありませんか?

 もちろん、ほとんどの場合は、何の問題もなく到着しますが、中には、シートベルトがなければ死んでいたという災難に遭遇することもあります。

 今回は、そんな恐怖の緊急着陸を6つ見ていきましょう!



    スポンサードリンク

6.DHLエアバスA300-B4便

(image..wikiwand.com)

 2003年11月22日、DHLエアバスA300貨物機はイラクのバグダッドを離陸した直後に、テロリストによって地対空ミサイルの直撃を受けました。

 ミサイルは左翼に命中したため、燃料漏れを起こし、油圧システムが停止、機体を制御することが出来なくなりました。

 3人の乗務員は、片翼の一部を失った機体で、推力操作を続け、バランスを乱しながらも、約1000メートルオーバーランして緊急着陸に成功しました。乗っていた乗務員3人は全員無事で、のちにこの乗員たちは、ヒュー・ゴードン=バージ記念賞を受賞しました。

5.アロハ航空243便

(image..wikipedia.org)

 1988年4月28日、ボーイング737機がハワイ島のヒロ国際空港からホノルル国際空港へ向けて飛行中に、金属疲労による老朽化で、高度約7,200mで、機体の外壁が損壊しました。

 乗客は、ほとんど全員がシートベルトを締めており、機体から放り出されることはありませんでしたが、ファーストクラスの通路を歩いていた乗務員が、機体の穴から吸い出されて、行方不明になりました。

 機体はエンジンが停止していたものの、幸い油圧系統が機能していたため、なんとか操縦することができ、最寄りのカフルイ空港に、緊急着陸することに成功しました。

 一人の犠牲者がでましたが、墜落しても不思議ではないほどの機体損傷から、生還できたことは奇跡だと言われています。

4.ユナイテッド航空811便

(image..surf.info)

 1989年2月24日、ホノルル国際空港からオークランド国際空港へ向かっていたボーイング747機は、約6,700メートルで、貨物ドアのロックが飛行中に外れてドアが脱落してしまいました。

 さらに、ドアの周囲に大きな穴が開いたことで、機内に急減圧が発生し、9人の乗客と多くの荷物が吸い出されてしまいました。

 それらがエンジンに直撃したことで、一部のエンジンが停止すると、すぐに操縦士たちは、旋回してホノルル国際空港に引き返し、811便は奇跡的に緊急着陸を果たしました。

 死者は9名、負傷者は35名もでましたが、シートベルトを着用していた乗客は、機外に吸い出されずに、生還することができました。



スポンサードリンク

3.ユナイテッド航空232便

(image..pinterest.jp)

 1989年7月19日マクドナルド・ダグラス製DC-10機は、ステープルトン国際空港からシカゴ・オヘア国際空港へ向けて飛行中に、第2エンジンと油圧操縦系統が停止し、操縦ができなくなってしまいました。

 乗務員たちは協力し、推力操縦を行いながら、なんとかスー・ゲートウェイ空港まで辿り着いたものの、あまりのスピードとコントロールを失った機体は、横転しながら炎上して着陸することになりました。待機していた消防救助隊が直ちに救出活動を開始しましたが、この事故で112人が死亡しました。

 後に事故の原因は、エンジンのファン・ディスクに亀裂があり、点検で見逃されていたことが判明しました。

2.エアカナダ143便

(image..da.wikipedia.org)

 1983年7月23日ボーイング767機は、ケベック州モントリオールからアルバータ州エドモントンへの飛行中に高度12,000mで、点検ミスによる燃料切れを起こしエンジンが停止しました。

 緊急事態でしたが、機長のボブ・ピアソンは落ち着き、趣味のグライダーを思い出しながら、機体を滑空させて、ギムリー基地の滑走路に緊急着陸させました。

 この見事な着陸によって、乗客乗務員69人が助かり、着陸時に機体が受けたダメージも軽度だったため、わずか2日で復帰を果たしました。

 この機体は、それ以来ギムリー・グライダーという通称で親しまれています。



    スポンサードリンク

1.USエアウェイズ1549便

(image..pinterest.jp)

 2009年1月、USエアウェイズ1549便は、ニューヨークのラガーディア空港から離陸しました。

 しかし、滑走路を離陸した瞬間、複数の鳥が両エンジンに追突したため、全てのエンジンが停止してしまいました。

 その20秒後に機長は、ラガーディア空港に引き返そうとしたのですが、距離が足らなかったため、ハドソン川への緊急着水を決行しました。その結果、奇跡的に155人の乗客と乗組員は、誰1人犠牲者を出すことなく窮地を逃れることができたのです。

 この事故は、ハドソン川の奇跡と言われ、現在でも語り継がれています。

スポンサードリンク

  1. 韓国空軍の横田基地着陸の方がよっぽどありえないんだけど…
    撃墜しなかった自衛隊には呆れ果てるわ!

  2. DHLよりもサベナベルギー航空のブジュンブラ事故の方がありえないと思うんだけど。
    DHLは貨物機だけど、サベナは乗客を載せた旅客機が離陸滑走中に
    ミサイル攻撃されたんだぞw

コメント

⚡️電撃ランキングの最新記事をお届け