コーヒーの持つ驚きの効能7選

 最近、エナジードリンクやコーヒーの飲みすぎによるカフェイン中毒が問題になっています。そのためノンカフェインのコーヒー切り替えたりした方もいるかもしれません。

 しかし、偉人にはコーヒー好きが多く、作曲家のベートーヴェンは、毎朝きっちり60粒の豆を挽いてコーヒーを飲んでいたと言われています。そう考えると、コーヒーはそんなに悪い物ではない気がしますよね。

 今回はそんな、今すぐコーヒーが飲みたくなるような、 コーヒーにまつわる事実を7つご紹介します。



    スポンサードリンク

7. 脳が活性化する

(image..warnerbros.com,universalstudios.com)

 コーヒーを飲むと注意力や集中力が上がるのは良く知られていて、勉強や仕事の時にコーヒーを飲む方も多いですよね。しかし、コーヒーの効果はそれだけではありません。砂糖入りのコーヒーを飲むと、少しの間ちょっとした天才になれるんです!

 バルセロナ大学の研究で、カフェインとブドウ糖を一緒に摂ると、脳の注意力と記憶力を司る部分が効率的に働くことが分かったそうです。コーヒーはブラックで飲みたいという方は、コーヒーと一緒に砂糖入りのお菓子を食べても同じ効果が得られるので、やってみては如何でしょうか?

6. 血圧を上げる

(image..ru.depositphotos.com)

 血圧測定器メーカーのハルトマン社のHPには、低血圧の症状改善方法と1つとして、コーヒーを飲むことが紹介されています。

 調べたところ、コーヒーに含まれるカフェインには心臓の収縮や脈拍数を増加させ、心臓から送り出される血液量を増やす効果があるため、血圧が下がってめまいやふらつきが起こる「低血圧」には、コーヒーが効果的なのだそうです。

5. 免疫システムを強化する

 (image..flickr.com)

 複数の研究で、コーヒーが早死にのリスクを減らすという結果が出ています。18万5千人以上を対象にした南カリフォルニア大学の研究では、コーヒーを飲まない人に比べ、1日に1杯飲む人は12%、1日に2~3杯飲む人は18%死亡率が少ないことが分かったそうです。極端な飲みすぎはいけませんが、コーヒーを適量飲むことで、死のリスクが下がるということですね。

 特に循環器系や消化器系の病気で亡くなるリスクが減っていることから、コーヒーは免疫システムを強化し、また、肝臓や心臓・消化器の働きを改善する効果もあると考えられています。

4. 頭痛を治す

(image..ru.depositphotos.com, pixabay.com)

 コーヒーに含まれるカフェインには、血管を収縮させ、頭痛や片頭痛を治す効果があるそうです。実際、市販されている鎮痛薬の多くにもカフェインが含まれています。

 しかし、コーヒーと鎮痛薬ではカフェインの含有率が違いますから、やはり鎮痛薬の方が傷みを和らげる効果が高いです。コーヒー協会のHPに拠ると、コーヒー100mlに含まれるカフェインは60mgで、ある鎮痛薬1回分(2錠)に含まれるカフェインは80mgでした。

 軽い頭痛の時は、コーヒーを飲み、重い頭痛の時だけ薬を飲むようにすると良いかもしれません。



スポンサードリンク

3. ストレスや抑うつ気分を和らげる

(image..pixabay.com)

 コーヒーはドーパミンやセロトニンの生産を増強するため、抗ストレス物質としての役割が期待できるそうです。

 ハーバード公衆衛生大学院が行った研究では、1日にコーヒーを2~4杯飲む人は、週に1杯以下しか飲まない人に比べて、自殺率が約半分になることが分かりました。また、別の研究に拠ると、カフェイン入りの水を飲ませたネズミは、ストレスを与えても元気や記憶力の低下がみられなかったそうです。

 カフェインは中枢神経系を刺激するので、そのおかげで鬱にならないと考えられています。しかしあまりにも多くのカフェインを摂り過ぎると、アドレナリンを活発化させて鬱を悪化させるという意見もあるので注意が必要です。

2. 記憶力が高まる

 (image..ru.depositphotos.com)

 コーヒーから得られる刺激物質や神経伝達物質は、私たちの気分や生産性を高めるだけでなく、記憶力も良くしてくれるそうです。ジョンズ・ホプキンズ大学の研究では、普段コーヒーを飲まない被験者を集め、複数の画像を見せた後に被験者の半分にカフェインを飲ませました。そして翌日にまた複数の画像を見せたところ、カフェインを飲んだグループの方が、前回の画像との細かな違いに気づいた率が高かったそうです。

 このことから、カフェインが海馬の働きに影響を及ぼしたと考えられています。

1. 体重が減る

(image..pixabay.com)

 ついに、長年の目標だったダイエットが実現できるかもしれません。

 2005年のマーストリヒト大学の研究に拠ると、カフェインを摂取した人は、食欲が抑制させる「レプチン」というホルモンの量が減ったにもかかわらず、体重や体脂肪量も減ったそうです。空腹感を感じやすくなっても痩せられたというのは、不思議ですが、まだまだコーヒーには私たちの知らない不思議な効果があるのかもしれませんね。



    スポンサードリンク

おまけ

(image..pixabay.com)

 あなたもだんだんコーヒーが飲みたくなってきませんか?暑い日にピッタリなアイスコーヒーの飲み方をご紹介します。良かったら試してみてくださいね。

 ・お好きなコーヒーを淹れます

 ・コーヒーを冷ましたら、氷を作るトレーにコーヒーを注ぎ、冷凍庫に入れます

 ・暑い日には、このコーヒー氷をグラスに入れ、牛乳を注ぎましょう

 ・シンプルだけど美味しいコーヒー牛乳の出来上がりです!

スポンサードリンク

  1. 昔はコーヒーは体に悪い、胃がんになるって言われてたんだよな。
    今じゃ真逆で肝臓がんや胃がんを予防するって言われてる。
    当時コーヒーは体に悪い!って主張してた人は今どんな気持ちなんだろう。
    タバコもえらいヒステリックにバッシングされてるけど痴呆症とかの効用もあるのにな。
    うちは痴呆の親がいるから吸わせたいよ。

    喫煙率が少ない国より日本のほうが長寿だし。将来の評価が楽しみだ。

コメント