本物か偽物か見分けのつかない写真8選

SNSが普及した今、衝撃的な写真というのは、ウイルスのようにあっという間に世の中に拡散されていきます。

しかしその写真が本当の写真なのか、偽物の写真なのかまでは、深く考えませんよね。

今回は、そんな本物か偽物か見分けのつかない写真を8つ見ていきましょう!



    スポンサードリンク

8.本物

(image..therichest.com)

こちらの写真は本物の写真です。

子供にとって永遠のヒーローであるスパイダーマンと、一人の男の子が窓越しに拳と拳を合わせ、何かを約束したかの様なこちらの写真は、Joe DiMaggio (ジョーディマジオ)小児病院で撮影されました。

病院の窓拭きを担当していたウォッシャーマンが、ハロウィンにコスチュームを着て窓越しに病室を訪れて子供たちを楽しませようと考えたのです。

たくさんの子供たちを笑顔にさせたウォッシャーマンは、以来、チームを作り、毎年仲間と一緒にヒーローの格好をして病院を訪れているのだそうです。

7.偽物

(image..therichest.com)

こちらの写真は偽物の写真です。

マリリンモンローの有名な写真といえば、風によってめくれたスカートを、おさえているあのセクシーな写真ですよね。

この偉大な二人は、何年も前にこの世を去っているにもかかわらず、最近になって、ニューヨークの景色を眺めている、偽物のツーショット写真が出まわリ始めたのです。

それにしても全く違和感がありませんね。

6.本物

(image..therichest.com)

こちらの写真は本物の写真です。

民家に迷い込んでしまった一匹の熊が、警察によって鎮静剤を打ち込まれ、大きなマットの上に熊が落ちていく様子が撮られたものです。

無事に捕獲されたクマは、野生へと帰されました。

5. 偽物

(image..therichest.com)

実は、この写真自体は本物の写真で、国境がいかに解決し難い問題であるかを話し合う目的で撮られました。

しかし、「MEXICO, U.S.A」と書かれた標識が不自然に左上がりになっている事から、写真の字が後から加工修正された物という事が分かります。



スポンサードリンク

4.本物

(image..therichest.com)

こちらは本物の写真です。

アメリカでは、2013年10月1日から16日間、政府閉鎖(予算不足による業務停止)により、ほとんどの連邦政府機関が停止されました。

この写真は、そんな政府閉鎖の影響のひとつであり、実際に幼児のベビーシッターによって撮影されました。

予期せぬ動物園の臨時休業に、まだ状況が把握できていない幼児の悲しげな後ろ姿が、大変可愛らしく、インターネット上で一気に拡散されました。

3. 本物

(image..therichest.com)

こちらは本物の写真です。

犬の銅像でもなければ、アートでもありません。心ない人によって、大量のタールを全身にかけられたアルゼンチンの一匹の犬の写真です。2人の心優しい少年は、この犬を助け、懸命に汚れを落とし、犬はすっかり元気な姿に戻りました。

しかし、この一枚の写真は、世の中には罪のない小さな命に対して、ゾッとするような残酷な事を、平気でできてしまう人間がいるという事を物語っています。

2.偽物

(image..therichest.com)

こちらは偽物の写真です。

この写真は、ある同性愛者の男性が、カナダの美しい田舎道を走行中に撮られたものです。彼は、写真加工で、赤ちゃんヘラジカにレインボーフラッグ(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの尊厳と社会運動を象徴する旗)をつけ、SNSに投稿しました。

これがフェイクの写真だということは一目瞭然ですが、この写真を見た誰もが心を奪われました。



    スポンサードリンク

1.本物

(image..therichest.com)

こちらは本物の写真です。

これは、リオのオリンピック選手たちが水中でダイビングをしている間に、水中で待機していた Francois-Xavier Marit という名前の写真家によって撮影されたものです。

イギリスのトーマス デイリー選手が水中に入り、再び水面に上がって行くその数秒の間に、シャッターが切られました。

大変美しい写真ですね!

スポンサードリンク

コメント