世界で最も高価なフルーツTOP10

私たちがスーパーで見かけるフルーツは、数千円あれば買えるものばかりですが

世界には、フルーツ1個で車が買えるようなものも存在しています。

今回は、そんな高価なフルーツを10個見ていきましょう!

(一番高値で落札された価格を基準にしてあります)

10.仏像梨 950

FlickrPost-Memes2

中国で収穫される仏像の形をしているこの梨は、食べれば不老不死なるという逸話がある梨です。

梨を仏像の形にするために、仏像の型に入れて栽培されています。

この梨を食べて不老不死になるとは思えませんが御利益がありそうな顔をしているため

お祝い事や、目出度い日などによく贈られるそうです。

9.世界一リンゴ 約2100

 

perfect apples

このリンゴは約38㎝ほどの大きさで、重さは500g前後のものから、1kgを超えるものまであります。

近所の店で1個100円弱で買うことができるリンゴと比べるといかに高いかがわかると思います。

糖度が高く、程よい酸味と食感が人気で、味大きさ共に、世界一のリンゴです!

8.クイーンストロベリー 約¥7000

 

enhanced-buzz-18134-1370986116-12

このいちごは世界で最も美しいイチゴと言われています。

見た目が非常に美しく、全体がむらなく赤く、へたの葉は綺麗な緑色をしています。

完璧なものだけを厳選しているため数が少なく、12個入りで7000円という値段が付いています。

7.四角いスイカ 約¥20000円

2014年に登場したこのスイカは、四角いアクリル板の中で栽培されています。

一辺約19cm重量は6㎏にもなり、12000円~20000円程度で取引されています。

このスイカは、食用ではなく観賞を目的として作られているため、デパートや百貨店などに

飾る目的でよく出荷されているそうです。

6.ヘリガンのパイナップル 約19万円

このパイナップルは、コーンウォール州にあるロスト・ガーデンズ・オブ・ヘリガンという庭園で栽培されているパイナップルです。

素晴らしい土壌と、馬の糞尿を肥料に、約2年かけて育てられています。

時間と労力が膨大にかかることから、約19万円という高値で取引されています。

5.太陽のたまごマンゴー 約20万円

これは日本の宮崎で栽培されるマンゴーで350グラム以上、糖度15度以上のものだけが、太陽のマンゴーとして取引されています。

このマンゴーの価格は、2個で20万円にもなることがあり近所のスーパーで買えるマンゴーとは一線を画す代物です!

4.スイカでんすけ 約65万円

こちらのスイカは普通のスイカよりもはるかに大きく、約10㎏の重さがあるものもあります。

表面の外皮に縞模様はなく、黒いのが特徴です。

2007の初競りで165万円で取引されました。

スイカ割りに使うには少しもったいないですが、ぜひ一度食べてみたいスイカですね!

3.ルビーロマン ブドウ 約110万円

日本の石川県で栽培されているこのブドウは粒がピンポン玉ほどの大きさで、糖度が18度以上という素晴らしいぶどうです。

2008年に生産されて以来注目され、質の良いものになると1房110万円で取引されたこともあります。

2.夕張メロン 約300万円

北海道夕張市で栽培されているこのメロンは、強い甘みとオレンジ色の果肉が特徴です。

農産物の初競り2008年と2014年に250万円で落札され2016年にはついに2玉300万円で取引されました。

1.ストロベリー・アルノー  16千万円

アルノー・レストランで販売されているイチゴのデザートは約1億6千万円で売られています。

いちごには、4.7カラットのピンクダイアがつけられており注文すると

ジャズの演奏を堪能することができるそうです。

via..caters news agency,metro.co.uk,Flickr,boredpanda

スポンサードリンク

コメント