信憑性の高い心霊写真8選

世界には多くの心霊写真がありますが、そのほとんどが何らかの加工を加えた偽物だと言われています。

しかし、中には本物の可能性が極めて高い心霊写真も存在しているのです。

今回は、そんな背筋がゾクッとする信憑性の高い心霊写真を8つ見ていきましょう!



    スポンサードリンク

8.草原の中で

03

(image..inconscientecoletivo.net)

1880年頃にカウボーイハットの男性が、バッチリとポーズを決めて写真を撮ったのですが、後日確認してみると、背後の草むらに人間のような何かが写っていました。

その場所には間違いなく誰もいなかったと言っているのですが、いったい・・

7.後部座席の幽霊

(image..paranormal.about.com)

1959年、マーベルさんが、イギリスにある自分の母親のお墓を訪れた時、車の中に一人で待っていた夫の写真を撮りました。

マーベルさんは、その写真を現像して初めて、夫が車の中で待っていた時に、一人ではなかったということに気づきました。

その写真にはサングラスをはめて、後部座席に座っている人間が写っており、マーベルさんは、すぐにそれが自分の母であるということに気がつきました。

それはまさに訪れてたお墓に眠る母だったのです。

6.陰鬱な男

(image..tqn.com)

この写真は、1919年にイギリス海軍巡洋艦ディーダラス号で取られた集合写真です。

この写真を現像した後で、不思議なことに気がつきました。

なんと1人の隊員の背後に、うっすらと誰かが立っていたのです。

その顔はフレディ・ジャクソンという隊員の顔でした。

しかし彼は、写真が撮影される2日前に、飛行機事故で亡くなっていたのです。

もしかしたら、まだ気づいていないのかもしれませんね・・

5.赤ちゃんの幽霊

(image..blogodisea.com)

1946年、アンドリューという女性がオーストラリアのクイーンズランドにある彼女の娘の墓石の前でこの写真を撮りました。

彼女の娘は死んだ時、たった17歳でした。

フィルムを現像した時、彼女のカメラを直視している赤ちゃんの写真を見て、アンドリューは、驚きました。

その日墓地には、赤ちゃんなんていなかったからです。

アンドリューは、その写真に写っている、赤ちゃんが誰の子なのか、わかりませんでした。

数年後、オーストラリア人の超常現象の研究者である、トニーヒーリー氏はその件を調査し、2人の赤ちゃんのお墓が、アンドリューの娘のお墓にとても近いことに気がついたのです。



スポンサードリンク

4.牧場の男の子

(image..paranormal.about.com)

写真家のネイル・サンドバックは、イングランドのハートフォードシャーの農場で結婚式の写真を撮っていました。

後日、彼が現像した写真を見た時に彼は自分の目を疑いました。

そこには、見たこともない白い服を着た男の子が写っていたからです。

後日彼は、牧場のスタッフに、今までに何か不思議な体験がありませんでしたか?と尋ねたところ、牧場主達は以前から何度も白いパジャマを着た男の子の亡霊を目撃していたことを認めました。

3.レイナムホールの女の子

(image..yourghoststories.com)

1936年にキャプテンプロバンドとインドレ・シラによって撮られたこの写真はおそらく最も有名な幽霊の写真です。

しかし今日まで、この写真の正当性の誤りを証明できた人はいません。

写真家たちはイングランドにあるレイナムホールに、”カントリーライフマガジン”という雑誌の写真を撮るために訪れていました。

その時に彼らが撮った写真に階段を降りてくる女の子が写っていたのです。

2.祖父

(image..yourghoststories.com)

1997年に家族でのピクニックの最中に祖母の写真を撮ったのですが、その後ろには、1984年に亡くなったはずの祖父が写っていたのです。

もしかしたら、会いに来たのかもしれませんね。



    スポンサードリンク

1.見つめる少女

(image..2.bp.blogspot.com)

こちらは1995年に、火事で燃えるアパートをカメラで撮影していた写真なのですが、右からこちらを不思議そうに見つめる少女が写っています。

その場にいた消防士や見物人も、この写真に写り込んでいるような少女を見た者はいませんでした。

この少女の霊はいったい何を考えていたのでしょうかね・・。

スポンサードリンク

コメント