良い友達と悪い友達の違い5選

 あなたの周りにはどんな友達がいますか?

 いい友達は、あなたの人生をより良いものにしてくれますが、悪い友達は、あなたの足を引っ張り、夢や人生を邪魔してくるかもしれません。

 今回は、そんな「良い友達」と「悪い友達」の違いを5つご紹介いたします。



    スポンサードリンク

5.意見交換

 良い友達は、たとえ意見が合わなくても、あなたの意見や考えに、耳を傾けてくれます。

 そして、「そういう考え方もありよね」と受け入れてくれることでしょう。

 それに対して、悪い友達は、ひろゆき張りの論破で、あなたの意見を排除し、さまざまな手段を使って、自らが一番正しいことを証明しようとします。

4.良い友達は、あなたの成功を喜び、心から祝ってくれる

 あなたがYouTuberで、登録者数5万人を達成し、これからの展開にワクワクしているとしましょう。

 そんなあなたの良い知らせを聞きつけたら、いい友達であれば、メールをすぐにくれたり、または電話で、「やるやん!」「さすがやね!おめでとう」といった言葉をかけてくれるでしょう。

 それに対して、悪い友達は、人の成功に対して、それがどのような些細なものであったとしても嫉妬します。

 彼らは、順風満帆な人の人生に耐えられず、怒りさえ感じてしまうのです。

 おそらく彼らは「こんな動画誰でも作れるわ」「こんなんやってて面白いの?」という言葉をかけてくることでしょう。

 インスタやフェイスブックで、「いいね」を押すことは誰でもできますが、実際に会うと嫉妬心を隠すのは難しいものです。

3.秘密

 良い友達は、2人だけの秘密を、他の人に言いふらしたりはしません。

 それに対して、悪い友達は、「これは内緒なんだけど・・」とついつい、あなたが「萌え豚」だという超極秘情報を他の人に話してしまいます。

 もし、友達があなたに、誰かの秘密をばらしてきたら、その人は、秘密を守れない人であることを意味します。

 そういう友達とは、関わらないようにする方がよいでしょう。



スポンサードリンク

2.ありのままのあなたを受け入れている

 良い友達は、たとえ、あなたがおかしなファッションをしたり、通りで歌っていたとしても、「いろいろと考えがあってやっているんだな」と、気にはなりません。

 それに対して、有害な友達は、「~した方がいいよ」や「〜はやめた方が良いよ」と、あなたをコントロールしようとします。

 彼らは、自分と違う人を尊重できず、自分の常識だけを押し付けてきます。

 正直、彼らのアドバイスはわずらわしい以外のなにものでもありません。

1.自分以外の友達を尊重する

 良い友達は、自分以外にも友達がいることを理解しており、自分以外の友達や同僚と過ごす時間を尊重しています。

 例えば、「遊びにいかない?」と誘ってきて、「今日は佐藤くんと遊ぶんだ。ごめん」や「今日は1人で、過ごしたいんだ」と返事をしたとしても、「あーそうなんだ!了解!また誘うね」という感じで、断られても、特に気にとめることはありません。

 それに対して、有害な友達は、「いやいやいやいや、いますぐきてくれよ!俺ら友達やん?」など、あなたを独占し、家族との時間さえも奪おうとします。

 こういう態度はさらに図々しくなっていくので、注意してください。

 以上が両者の違いです。一度周りの友達を俯瞰してみるいい機会になればと思います。

スポンサードリンク

コメント