グーグルアースに写った不思議な場所10選

グーグルアースによって私たちは今まで行くことができなかった場所を

覗き見することができるようになりました。

しかし、中にはどこか不思議な場面を写したものも存在します。

今回は、そんなグーグルアースに写った不思議な10の場所を見ていきましょう!



    スポンサードリンク

10.衝撃のシーン 

google1

Google Earthからこのシーンを見つけた人は死体を引きずって運んだのではないかと思うはずです。

実は、何も恐ろしいことはなく、この水辺で泳いでいた犬が残した跡だったということだそうです。

9.お面を着けた人々

メキシコのハイウェイ上に立つ4人の人物、まるでホラー映画のワンシーンのようにも見えます。

座標は不明で、ナンバープレートにもぼかしが入っているため特定されていません。

一体彼らは、なにをしていたのでしょうか?

8.ピンクウサギ

芸術家が作成したと言われているイタリアのアルテジナにある巨大なウサギです。

全長は約60mで、まるでおもちゃのウサギが片付けられずに放置されてしまったように見えますね。

よくみると少し悲しそうな表情を浮かべています。

このウサギは2025年まで、この場所で見ることができるようです!



    スポンサードリンク

7.バットランズガーディアン(カナダ アルバータ州)

ここに見えるインディアンの顔のような地形は、自然が生み出したものです。

急激な雨と強い風によって地形が変化し、偶然顔のように見えています。

この場所は、既に約100年ほどたっているといわれており、今もなお、この顔のような形で人を魅了し続けています。

6.ゆるキャラ襲撃

アラスカのガソリンスタンドで、「ガンビー」というゆるキャラが子供たちに襲われているシーンが写っています。

1人がおもちゃの銃のようなものを向けて、もう1人がサンダルが投げつけようとしています。

ガンビーは、恐怖のあまり目が充血してしまっています。

何をしてしまったのかはわかりませんが、許してあげてほしいですね。

5.血の湖

イラクにあるこちらの湖はまるで、血のように真っ赤に染まっています。

この湖は見た目の通り「血の湖」と呼ばれており、この赤色の原因は、水質汚染だと考えられています。



スポンサードリンク

4.鳩マスク

東京には、ハト人間の群れがさみしそうな目でこちらを見つめている場所があります。

何かミステリアスな雰囲気を醸し出していますが、実際はグーグルカーが走っていることを聞きつけた人たちが集まって、このような演出をしたそうです。

3.溶けた町

もしかしたらこの町は 「地獄への入り口」なのかもしれません。

まるで町全体が歪んでいるように見えます。

この写真が発見された時ネットユーザーたちは熱狂し、この町は、溶けた町と呼ばれるようになりました。

2.戦闘機用の駐車場

車とジェット機が隣にいるこの風景は、まず日常ではお目にかかれない風景です。

このジェット機が止まっている場所は、実は軍の施設なのではないかと主張する人もいれば..

実際にはパリ大学の学生が作ったレプリカモデルなのではと言う人もいます。



    スポンサードリンク

1.ハート形の島

クロアチアの沖合に浮かぶこの島の特徴はなんといってもハート型であることです。

グーグルアースを経由して見るまでは、誰もこんな形をしていることに気付くことはありませんでした。

所有者がもともといなかったこの無人島ですが、ハートの形であることがわかってからは

恋人の島として大々的に取り上げられ、いまではハネムーンでも人気のスポットとなっています。

via..Google Map

スポンサードリンク

コメント