ハエが食べ物にとまったらどうなるのか?

 ハエは、レストランや、スーパー、トイレなど、どこにでもいますが、あのハエが触れた食べ物は一体どうなるのでしょうか?

 この内容は、少しショッキングなため、見たくない人はここで「戻る」を押してくださいね。

 それでは改めまして、今日は、ハエが食べ物にとまったらどうなるのか?を解き明かしていきましょう!



    スポンサードリンク

・ハエの持つ菌の量

 「あなたがレストランで食事をしている最中に、ハエを見つけたらどうしますか?

 ほとんどの人が、気にせずにさっさと食べてしまうと答えます。ではゴキブリの場合は、どうでしょうか?

 ある調査では、61%の人が、ゴキブリを見たら食事をやめて帰ると答えました。当たり前ですよね。

 私もすぐに帰って、1ヶ月分のビオレで体を洗います。

 しかし、科学者は、実はハエはゴキブリの2倍バイ菌だらけなのだと警告しています。

(image..food.detik.com)

ハエはなぜ、ばい菌が多いのか…

 なぜハエはそれほどまでにバイ菌まみれなのでしょうか?

 みなさんも良く知っている通り、ハエは、ゴミやウンチ、動物の腐った死体を食べています。ハエは、このような気持ち悪いものを美味しいと思うようにできているのです。

 この時に、ハエの体中に、大量のバイ菌が付着します。

 そのため、ハエがとまったものには、それらのバイ菌が、一瞬で食べ物や人の体に付いてしまいます。また、ハエは噛むことが出来ないので、食べ物に酵素を吐き出して融かし、それを啜って食べます。



スポンサードリンク

ハエの菌がもたらす病気

 まぁこの酵素に関しては、害がありませんが・・食べたくは・・ありませんね。

 しかし、これほどハエが身近にいるにもかかわらず、ハエが原因の病気はあまり聞きません。ほとんどの人が、食べ物をしっかり監視しているとはいえ、何人かは、ハエが一瞬とまっただけなら、気づかずに食べてしまう人や、気にしない人もいますよね。

 なぜでしょう?それは、1匹のハエが媒介する菌の量は、人に影響を及ぼすほどではないからです。

 でももし、何十匹もたかっていた食べ物を食べると、コレラや赤痢、腸チフスなどの病気になってしまう可能性があります。

 みなさんもハエの出る店には、気をつけてくださいね。

スポンサードリンク

コメント