女性にしか分からない辛いこと6選

 素敵な女性を見るとまるで、天国からやってきた天使なのではないかと錯覚しますが、そんな女性でも、実は陰でものすごく努力をしていたりするのです。

 今回は、そんな女性にしか分からない辛いことを7つ見ていきましょう。



    スポンサードリンク

1.生理

 男性は、生理のことを、軽いイライラ程度に思っているかもしれませんが

 生理は、おなか周りが激しい痛みに襲われ、吐き気や頭痛、乳房の痛みなどに襲われるため、人によっては、生理痛によって仕事を休むということもあります。

 しかし、社会や男性の生理に対する理解度はまだまだ進んでいないのが現状です。

 また、生理が近くなると、生理用品を肌身離さず持ち歩かなければなりません。

 基本的に女性は、10代からだいたい50歳近くまで、この生理とうまく付き合っていくことになるのです。

2.女性らしさ

 「女の子なんだから、言葉遣いに気をつけなさい、料理をしなさい、化粧をしなさい、座り方に気をつけなさい」という言葉がどれだけ使われてきたでしょうか。

 女性は、わずかなムダ毛も許されませんし、どれだけ朝が早くてもメイクをしなければなりません。

 お前らみたいに、毎日同じ服を着るわけにもいきませんし、座り方にも気をつけなければなりません。

 それが社会のマナーとされる悪しき風潮があるからです。

 女性らしさを保ち続けるというのは、非常に大変なことなのです。

3.結婚すること

 男性からすれば、結婚というのは、30代後半になってからでもそれほど支障はないかもしれませんが、女性は、出産できる年齢に限りがあるため、タイムリミットが明確に決められていると言っても過言ではありません。

 特に、35歳を超えると、妊娠率が急激に低下するため、子供が欲しい場合は、30歳までには、結婚を考えなくてはいけません。

 とは言っても、お金がなければ出産も子供を育てることもできないので、相手の男性も限られた時間内で、シビアに選ばなければなりません。

 そのため、女性と男性では結婚観が全く違ってきます。



スポンサードリンク

4.トイレで並ぶ

 ディズニーランドや、USJなどのトイレで、女性がトイレに並んでいるのを見たことがあるのではないでしょうか?

 女性の場合は、個室が少なかったり、ストッキングを履いていることもあるため、用を足すのに、多少時間がかかるだけでなく、メイクチェックなどもあるため、多くの時間がかかるため、トイレに行列ができているのです。

 何かと大変なので、デートの時やどこかに遠出した時などは、男性の皆さんは、このことをしっかりと理解して待っておいてくださいね。

5.出産

 結婚した後は、出産が待っています。

 出産や陣痛の痛みは個人差がありますが、よく言われている表現では、「陣痛」は、「腰をハンマーで砕かれるような痛み」で、「出産」は「スイカを鼻から出すような痛み」と言われています。

 想像しただけでも身震いがしますが、世界中のママさんは、この痛みに耐えているわけです。



    スポンサードリンク

6.見た目大戦争

 見た目の重要性を、今更話す必要はありませんが、見た目だけでなく仕事や、内面でも勝負できる男に比べて、女性の場合は、非常に極端に「見た目」での格付けが決まります。

 これは古今東西変わりはありません。

 そのため、女性は日々美貌に磨きをかけ続けることになります。

 そして美しく生まれれば、それはそれで嫉妬の的になるのです。

スポンサードリンク

コメント

⚡️電撃ランキングの最新記事をお届け