世界で最も巨大な穴8選

現在世界の多くの謎は解明されつつあります。

しかし、地球上にぽっかりと開いた穴に関しては、まだまだ多くの謎に包まれています。

今回は、まるで異世界に通じているんじゃないかと思えるような穴を8つ見ていきましょう。

8.シンクホール

3_1

この穴は90メートル以上の深さがある、災害の際にできた穴です。

この穴ができた時に、たくさんの家や人が飲み込まれており、周辺の住民は避難を余儀なくされました。

穴ができた理由は度重なる大雨によって地下に空洞ができていたという説など様々で、今でも30以上の原因が推測されていますが、はっきりしたことはわかっていません。

7.天国の穴

「天国の穴」の名前を持つこの穴は、幅551メートル深さ662メートルの巨大な穴です。

128千年前に形成されたといわれており、1994年に発見されました。

地下には川が流れ、雨季には美しい滝が見れることで有名です。

天国の穴を観光するために2800段の階段が、構築されています。

6.モンティチェロダムのダム

こちらはカリフォルニア州ベリエッサにあるダムです。

この穴はダムの中にあり、1秒当たり1370立方メートルの水を瞬時に飲み込みます。

人工的につくられた穴ですが、見ていると吸い込まれてしまいそうな感覚になりますね!

5.ダイアモンドの穴

ソビエト時代にダイアモンドの採掘場となっていたこの穴の大きさは、深さは525m、直径は1,200mあり、ダイヤモンド鉱山としては世界最大の穴になります。

この穴が作る強い下降気流によってヘリコプターが事故を起こしたため、1955年から飛行禁止区域に指定されました。

この鉱山のダイアモンドの産出量は、非常に多かったのですが2004年に完全に閉山されました。

4.シベリアの巨大クレーター

ロシアのシベリアにあるこのクレーターは、気温の上昇によって凍った地面の中に閉じ込められていた高濃度のメタンが溢れ出し、爆発したことによってできたと考えられています。

近年、このようなクレーターが、シベリアで次々と見つかっていることから、この地域の永久凍土には、爆弾11トン分に相当するメタンハイドレートが眠っていると推測されています。

3.バハマの青い穴

この穴は世界で一番大きな洞窟と言われており、多くのダイバーが訪れる人気の場所となっています。

202メートルの深さがあり、多数の海洋生物が発見されることでも有名です。

伝説によると、この穴は悪魔が作ったといわれており、今でもこの周辺を泳ぐ生きとし生けるものを吸いこもうとしていると言われています・・。

2.エンチャンテッドホール

この場所は約5千年も前からあるといわれています。

この穴が誰にどのような目的で作られたのかわかっていません。

ある予想では先住民族や地球外生命体の仕業によるものともいわれています。

1.悪魔の穴

この穴は紀元前4千年の初期にできたといわれています。

その深さは1000メートル以上もあり、現在、立ち入り禁止になっています。

穴には秘宝が隠されているともいわれており、探検家の興味を引き付けています。

ここには約300万のコウモリが生息しており、夏場になると穴から一斉に飛び出してきます。

その光景の不気味さから、悪魔の穴と呼ばれているようですね!

スポンサードリンク

コメント