砂漠で遭難したとしても生き残る方法

 あなたが何らかの形で、砂漠の中心で取り残されてしまった場合、水を見つけられるかどうかが、生死を分けることになります。

 通常、人体は水がなくても約3日間ほど生き延びることができますが、暑い砂漠の気候では、3日間生き延びるのは、難しいでしょう。

 今日はそんな砂漠から生き残る方法について解き明かしていきましょ



    スポンサードリンク

・基本的に食べない

 まず、大前提として、水が無い場合は、フルーツや、野菜などの食料以外は、できるだけ口にしないほうがいいでしょう。

 食べ物を食べると、消化するときに多くの水分が使われるので、楽しみにとっておいた暴君ハバネロは、お腹が空いても、できる限り我慢したほうがいいでしょう。

 そして、直射日光を避けて、夜になるまでは、できるだけ動かずに、汗を最小限に抑えることが大切です。

 日陰があれば、そこで休み、皮膚からの水分の蒸発を防ぐために衣類を着用し、帽子やタオルがあれば、頭に被せておきましょう。

 衣類を尿で湿らせておくのも、水分の蒸発を防ぐのに有効です。

サボテンに注意

 さて、なんとか日中をしのぎ、夜になったので、水を探しにいきましょうか。

 ん?サボテンがありますね。

 よくよく見ると、水分を含んでいて、とても美味しそうに見えてきました・・。

 しかし、我慢しましょう。

 サボテンは確かに、果肉に多くの水分が含まれていますが、多くのサボテンは有毒なアルカロイドを含んでおり、下痢や嘔吐を引き起こし、脱水症状になってしまうこともあります。



スポンサードリンク

・後を追え

 砂漠では、それが死に直結しますので、サボテンの誘惑に負けず、歩き続けたほうがいいでしょう。

 さて、しばらく歩き続けていると、蚊やハエを見つけました。いつもは鬱陶しいだけのハエですが、この場合は、必ず後を追いましょう。

 虫がいるということは、必ず水分を補う場所がある、ということを意味しています。

 特にハチは水源まで、直線距離で飛ぶので、水を見つけやすくなります。

 しばらく後を追いましたが・・、オアシスは見当たりませんね。

 ん?でも小さな植物や、湿った土を見つけました。このような地形の下には、地下水があることを示しています。

 30cmほど掘り進めて、さらに湿った土が出てきたら、水が沸いてくるのを待ちます。

ビニール袋の有効活用

 んー・・でも、なかなか水が湧いてきませんね。

 仕方ないので、今日はここで休み、また明日、日が沈んでから行動しましょうか。

 でも、休む前にやることがあります。

 暴君ハバネロをセブンイレブンで買った際に入れてもらったビニール袋を利用しましょう。植物は葉っぱから水蒸気を出すので、ビニール袋で、草や枝を覆い、ビニールの口を閉じて密閉させれば、少量ですが、水を得る事が可能です。

 もちろんこれで得られる水分はスズメの涙程度ですが、それでも大きな希望になります。そして、また明日、日が沈んでから、この行動繰り返し行っていきましょう。

 紹介したうちのどれかで、水を得ることができれば、助けがくるまで生き延びることができるはずです。あとは諦めないことが重要かもしれませんね。



    スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメント