1000年後の世界はどうなっているか?

 今から1000年後、世界はどうなっているのか?この質問に答えられる人はいないでしょう。

 100年先ですら分からないのですから当然です。

 しかし科学者や未来学者は、今までのデータから、様々な仮説を立てています。

 今回は、そんな1000年後の世界についての様々な仮説をご紹介します。



    スポンサードリンク

・人間の平均寿命

 1800年頃、私たちの寿命は37歳ほどでした。

 それが、現在では、平均寿命はなんと80歳にまで延びています。

 将来、私たちの寿命が今よりも、もっと長くなるのはもちろん、近代医療や医療ナノロボットの発達により若返りだけでなく、不治の病と言われる癌、身体の障害などの治癒が可能になっているはずです。

 もしかしたら、不老不死を自分で選択できる時代になっているかもしれません。

・予測される問題

 さて、人の数は、どうなっているでしょうか?世界の人口は毎年増加しており、1000年後の世界人口は、140億人ほどになるのではないかと予測されています。

 その時まだ地球のスペースに余裕があったとしても、食料不足のため、多くの人々が飢餓問題に直面する恐れがあります。

 そのため栄養価が高く、安価な食物を、何もないところから生成する技術が必要になってくるでしょう。またその食物を公平に分配しなければならないという問題にも直面することになります。



スポンサードリンク

・AIの進化

 そして忘れてはいけないのが、知能ロボットです。

 おそらく大量に知能ロボットが開発され、人工知能との共存が必要となってくるでしょう。

 未来の隣人は、人類によって作られた知能ロボットかもしれません。

 その頃には、様々なデバイスが、眼球などに埋め込まれるタイプのウェアラブル端末になり、目を動かすだけで、様々な情報にアクセスすることができるようになるでしょう。

 車は完全に自動運転になり、宇宙旅行に気軽に行けるような新しい乗り物が開発されているのではないでしょうか。

地球以外の選択肢

 また、水と空気を浄化し、太陽エネルギーを集めることが出来る高度なナノロボットの開発によって、無限のエネルギーと、汚染のない環境を得ることが可能になっているかもしれません。

 しかし、もしこのような巨大なエネルギーを得られない場合は、地球以外の惑星に住むという可能性もあります。

 なぜなら地球が自然災害によって破壊されたり、天然資源が足りなくなってしまう可能性があるからです。

 その場合は、火星が、私たちの良い住み家となるでしょう。



    スポンサードリンク

地球の侵略問題

 地球が、宇宙人やロボットに支配されてしまう可能性だって否めません。もしくは核戦争によって世界が滅亡してしまう可能性や、ゾンビによる支配だってありえます。

 サイエンス・フィクション作家やハリウッド映画が飛びつきそうな話ですが、何が起こるかは本当に分かりません。

 しかし私たちはポジティブな未来に期待するしかありませんね。

スポンサードリンク

  1. 科学や社会が順調に発展するなんて何の保証もないから分からんよ
    でも、完全な性転換が可能になったら夢のようね
    あたしのお墓から骨を回収して復活させてくれたら絶対に女の子になるの

コメント