お尻の中から発見された驚くべきもの12選

 お尻といえば当然、ものを「出す」ところだという人がほとんどかと思いますが、お尻こそ、ものを「入れて」楽しむ場所だと考える変わった人もいるようです。

 酔った勢いや好奇心など、その目的は様々ですが、世界には、とんでもないものをお尻に入れて病院を訪れる人が多くいるのです。

 今回はそんな、お尻から見つかったとんでもないものを12個ご紹介します!



    スポンサードリンク

12.ショットグラス

 酔った時って、後から思い返すとありえないと思うことをやってしまっていたりしますよね。

 次の日起きて、頭が痛いくらいなら可愛いものですが、中にはお尻に違和感を感じる人もいるようです。

 しかし、お尻にアルコールを直接注入すると、少量であっても急性アルコール中毒になる危険性が非常に高いので、グラスは必ず洗って使うことをおすすめします・・・って、そういう話じゃありませんね。



    スポンサードリンク

11.鍵

 鍵は、そのサイズから誤飲してしまう事が珍しくはないものの一つだそうですが、事故か故意か、お尻側から発見されることも多いんだそうです。

 確かに、初心者には良い練習なのかもしれませんが、興味本意で入れてみたものの、出せなくなって病院へ・・・なんてことになったら恥ずかしいですよね。

10.ガラス瓶

 ”プロ”を自称するある男性はある日、瓶をお尻の奥まで入れすぎたことで自分では抜けなくなり、病院を受診しました。

 潤滑油と鉗子で引っ張り出す最中、男性が全然痛がらないことに気づいた医師が調べてみると、彼の肛門周りの括約筋は、お医者さんもびっくりするほど緩かったそうです。

9.懐中電灯

 体の中で明かりを灯したら、ホタルみたいに綺麗に光るのかななどと考えたことはありますか?懐中電灯は、そういった興味本位でお尻に入れる人が多いようです。

 また、中国では以前、40代男性が喧嘩相手に無理やり懐中電灯を入れられる事件がありました。

 自分で入れるならまだしも、無理やり入れられるなんて、トラウマ並の恐怖体験ですよね・・・



    スポンサードリンク

8.バズ・ライトイヤー

 実はこうした子供のおもちゃは、性的目的に使われることが珍しくないんだそうです。

 中にはおもちゃのパーツをわざと飲み込み、”パーツが消化管や肛門を通る快感”を楽しむ人もいるんだとか。業が深いですね・・・

 バズも、こんな”宇宙”の旅は想像もしていなかったことでしょう。

7.iPhone

 世界では、囚人が携帯電話をお尻の中に入れて隠し持つということがしばしば起こるようです。

 ある囚人は、自らiPhoneをお尻に入れて自然に出てくるのを待っていたものの、3日間も出てこず酷い痛みを感じて刑務医に自白。刑務医が調べた所、彼の直腸壁はひどく傷ついており、取り出されたiPhoneも壊れていたそうです。

 二度とこんなバカな真似はしないようにと、厳重注意を受けたそうですよ。

6.うなぎ

 想像しただけでムズムズしてきますが、ある男性が”大人のビデオ”の真似をしようと、50センチもあるウナギをお尻から入れてしまったということがありました。

 手術で取り出されたウナギは、死んでおり、男性は動物虐待の罪に問われたんだとか。

 好奇心の代償は、随分高くついてしまったようですね。



スポンサードリンク

5.コーヒージャー

 実は、コーヒージャーやガラス瓶などは、性的快感を高めてくれると言われているようで、コーヒージャーをお尻に入れた例は、世界中で男女問わず報告されているんです。

 ただ、病院に運ばれてくる患者さんのほとんどが、「”家事”をしていた時にジャーの上に尻もちをついてしまった」等と話すんだとか。

 裸で家事をするのでしょうか、なんとも苦しすぎる言い訳ですね。

4.カセットテープ

 腹部の酷い痛みを訴えて病院を受診したある若い男性のお尻の中からは、カセットテープが発見されたそうです。

 興味本位でカセットを入れてしまったんだそうですが、それにより直腸が裂けてしまい、お腹を何針も縫う手術を余儀なくされたんだとか。

 手術跡を見た人に理由を尋ねられたら、なんと説明するんでしょうね・・・

3.電球

 ある男性が酔っ払った時に手に取ったのは、何と電球!こんなに脆いものをお尻に入れるなんて!とハラハラせずにはいられませんが、幸運なことに、割れずに済んだようですね。

 シェービングクリームやローションを使って取り出そうと奮闘したものの、すっぽりとはまってしまっていたため、2日経ってから病院を訪れたようです。

 2日間、どうやって日常生活を送っていたのでしょう・・・



    スポンサードリンク

2.バービー人形

 酷い腹痛を訴え病院を受診した男性のお尻には何と、頭のないバービー人形が!

 男性は、裸で掃除機をかけていた時に滑り、はずみで中に入ってしまったと主張していたそうですが、信じる人はいないでしょうね・・・

 髪の毛が邪魔で頭を取ってしまったんでしょうか、このバービー人形が不憫でなりません!



    スポンサードリンク

1.弾の入った拳銃

 何だか穏やかじゃない写真ですが、これも本当にあった事例です。

 ある日、交通違反で捕まった男性の車からドラッグが出てきたため、そのまま刑務所へ送られることに。刑務所に着くとすぐに全裸で持ち物検査が行われましたが、お尻に隠していた拳銃は見つからず、持ち込みに成功したそうです。

 その後、他の囚人からの密告で発覚し、手術で取り出されました。

 何かのはずみで発砲されてしまっていたらと考えると、恐ろしすぎます!

スポンサードリンク

コメント