目を疑いたくなるほど奇妙でカッコイイ生き物12選

 実は動物園や、図鑑で見られる生き物はほんの一部で、世界には、まだまだ多くの変わった生き物が生息しています!

 中には、とても珍しくて、実物にお目にかかる機会も無い上に、個性的な見た目をしているので、作り物なのか本物なのか分からないような生き物もいます。

 今回は、そんな、目を疑いたくなるほど奇妙でカッコいい生き物を12種類ご紹介します。



    スポンサードリンク

12. アンゴラウサギ

(image..amusingplanet.com)

 こちらのフワフワの生き物は、映画の小道具ではありませんよ!この動物はアナウサギを原種とする家畜のカイウサギの一種で、普通、長く上質な毛を取るために繁殖・飼育されています。

 モフモフで可愛いですが、毛が伸びっぱなしだとストレスになってしまうので、年に数回はカットが必要なんだそうです。デリケートなんですね。

11. アンコーレ・ワトゥシ

(image..disvpiration.tumblr.com)

 この牛の角、とても長くて立派ですよね!長い角が特徴的なこの生き物は、中央アフリカに生息している、アンコーレ・ワトゥシです。この長い角は、アンコーレ・ワトゥシの原種である、サンガ牛種の中の、アンコーレ牛に由来する物なんだそうです。

10. アオミノウミウシ

(image..pinterest)

 これは、一見、鳥のようにも飛行機のようにも見えますが、アオミノウミウシという生き物です。この個性的なウミウシは、別名「ブルー・ドラゴン」とも言われます。この、派手にも思える体の色は、水面を漂っている時に擬態として役に立つそうです。



    スポンサードリンク

9. ゴールデントータスビートル

(image..entnemdept.ufl.edu)

 この虫を森の中で見たら、生き物だと思うでしょうか?まるで金貨のようなので、とりあえず持って帰るか・・という気分にさせられますね。この生き物は、ゴールデントータスビートルと呼ばれる、植木や草花を食べる昆虫です。体の色は、つがいになっているか、また、身の危険を感じているかによって、金色から赤茶色に変わるそうです。

8. ロングノーズバットフィッシュ

(image..imgur.com)

 この生き物は、上から見たらヘンテコには見えませんが、横から見ると真っ赤な唇が付いているのが分かります。この唇が、ロングノーズバットフィッシュの特徴です。魚ですが、泳ぎが得意ではなく、ヒレを使って海底を歩くように移動するのだそうです。

7. センザンコウ

(image..kittypinkstars.blogspot.jp)

 こちらの、アルマジロや松ぼっくりのように見える生き物は、センザンコウです。長い舌を持っている所はアリクイにも似ていますが、体表は硬いうろこで覆われています。

 このうろこは外敵から身を守るために役立ちますが、一方で、漢方薬の原料として人間に狙われ、密猟されているんだそうです。



スポンサードリンク

6. レプトケファルス

(image..youtube)

 まるで地球外生命体のような見た目ですよね!実は、この生き物はレプトケファルスと呼ばれる、ウナギの幼生なんです。この段階では、内臓が出来ておらずゼラチン質のものが入っているため、薄っぺらく、透き通った体をしています。

 この後、シラスウナギと呼ばれる稚魚の状態を経て、成体になるんですよ!

5. ピグレットスクイッド

(image..practicalfishkeeping.co.uk)

 これはどう見てもジブリ映画のキャラクターにしか思えませんね。ぶよぶよした塊に顔が描いてあるだけのようですが、実は、深海に生息する、ピグレットスクイッドと呼ばれるイカの一種です。

 体の表面にある模様は色素沈着によるものですが、この個体の模様は、ちょうど笑った口のように見えて可愛いですね!

4. タカアシガニ

(image..inexplicable109.rssing.com)

 もしも海でこの生き物に遭遇したらビックリしてしまいますよね。タカアシガニは、カニ類のなかでは古い種で、生きた化石とも言われます。また、足から足までの長さが4m近くもあり、現存する節足動物の中では最大級なのだそうです。



    スポンサードリンク

3. ウミヤツメ

(image..apextribune.com)

 悪夢に出てきそうな見た目ですよね!この生き物は、寄生性のヤツメウナギ、ウミヤツメです。顎のない吸盤状の口をもち、他の魚に吸い付くと、鋭い棘のある歯と舌で、鱗と鱗の隙間から血を吸うのだそうです。成体になると100cm・2kg近くにもなるそうですよ。

2. マンボウ

(image..iflscience.com)

 こちらはただのマンボウなのですが、あまりにも衝撃的なので、ご紹介しましょう!

 この巨大マンボウの写真ですが、ダイバーよりも遥かに大きく、4m以上もあったそうです。こんなに大きいと人間も丸のみにしてしまいそうですが、マンボウの食事の大部分は、動物プランクトンとクラゲなんだそうです。

 それなのに、普通の個体でも1トン近くの巨体になるなんてすごいですよね!



    スポンサードリンク

1. サキ

(image..animalcorner.co.uk)

 この、体全体が長く黒い毛でおおわれた生き物は、南アメリカに生息する、サキというサルの一種です。この写真の個体はシロガオサキという種で、その名の通り顔が白い毛で覆われています。昼行性の動物で、大半を熱帯雨林の木の上で過ごすのだそうです。

スポンサードリンク

  1. >9 まるで金貨のようなので(ry

    誰がどーみても金メッキのマウスです

コメント