日本に来た外国人が驚いたこと10選

日本に住んでいると、当たり前のことでも 外国人からすると、魅力的で不思議なことは多くあります。

今回はそんなホワイジャパニーズピーポーな10の事例を見ていきましょう!



    スポンサードリンク

10.電車が時間通りに来る

日本の電車は、本数の多さだけではなく、時刻表通り正確に到着します。

日本に住んでいると当たり前のことだと思いがちですが、外国では数分遅れたりすることはよくあることなのです。

電車が遅れた場合、遅延証明書を発行し、謝罪までするのは世界中探しても日本しかありません。

9.自動販売機が多すぎる

(image..)

日本の自動販売機は、他の国と比べてもハイクオリティすぎます。

冷たい温かいを選ぶことができ、お茶一つとってもかなりの種類が販売されています。

また、飲み物だけでなく、食べ物や、雑誌まで販売しているものもあります。

世界には、盗まれないために、柵の中に自動販売機がある国や そもそも自動販売機がない国も多いため、このように、豊富な種類の自動販売機がある日本は、とても不思議なようです。

8.過労死

日本は、他に国と比べて圧倒的に過労死の割合が多いです。

その原因は、長時間労働に、極度のストレス、短い睡眠に過度の飲酒などが考えられています。

そんな過酷な労働環境にもかかわらず、毎日満員電車に揺られて頑張るサラリーマンの姿は、外国人にとっては不思議でたまらないのだそうです。



    スポンサードリンク

7.トイレ

(image..wikipedia)

日本のトイレは、世界最高レベルであることを知っていますか?

便座は暖かく、ウォシュレットや、音姫という音を遮断する機能まであります。

公共トイレには、赤ちゃん用のベッドが取り付けられていて、子供連れにも利用しやすいようになっています。

また天使の羽のように柔らかいトイレットペーパーも外国人に大人気です。

6.礼儀正しすぎる

日本のお店に入ると、「いらっしゃいませ」と出迎えてくれたり お店を出る時には「ありがとうございました」と言ってくれます。

また電車ではお年寄りに席を譲る人がいたりと、日本人の他人に対する配慮はとても高く そんな姿に外国の方は感動するようです。

5.犯罪率が低すぎる

日本はおそらく、世界で最も安全な国の一つです。 人口10万人当たりの殺人率は、先進国の中で最も低く 日本よりも犯罪の少ない国は、大富豪が暮らすモナコとリヒテンシュタインしかありません。

落とした財布が戻ってくる国は、どこを探しても日本以外には見当たらないでしょう。



スポンサードリンク

4.マスクを着けてる人が多い

(image..sakura-hotel-jimbocho.com)

日本には、マスクをしている人が非常に多いです。

もちろん、花粉や乾燥した季節に着用することが多いのですが それ以外にも、顔を見られたくないときや、ファッション感覚で、マスクを常用する人も多くいます。

アメリカでは、マスクは病人がつけるものというイメージがあるので 日本のマスク率の高さにはいつも驚かされているそうです。

3.クリスマスにフライドチキン

1970年代から日本のクリスマスには、フライドチキンという風潮ができました。

これは、ケンタッキー青山店が行った販売戦略によるもので それからというもの、日本ではクリスマスにフライドチキンが爆発的に売れ始めました。

日本に住んでいる外国人は、なぜクリスマスに並んでまでフライドチキンを食べるのか不思議で仕方がないようです。

2.地震が多すぎる

日本の地震発生率は、ほかの国よりも多く、日本人は良くも悪くも地震慣れしてしまっています。

そのため、小さな地震や、緊急地震速報が鳴っていても 平然と過ごしています。

このように冷静でいられる日本人の姿は外国人からしたら信じられないようです。



    スポンサードリンク

1.カプセルホテル

(image..capsuleinn.com)

日本には、簡易的に泊まれるカプセルホテルがあります。

外国人からすると、この宇宙船の一室のような雰囲気がとても魅力的なものに感じるようです。

そのためわざわざカプセルホテルを利用する外国人の方もいます。

その人気から近年、海外でも続々と「カプセルホテル」が展開されてきています。

スポンサードリンク

コメント