金正恩よりも卑劣な世界の独裁者8選

 北朝鮮との情勢が悪化している今、世界中が金正恩の動向に注目しています。

 しかし、世界には金正恩を上回るほどの卑劣さで、国民に恐れられた独裁者や権力者たちがたくさんいるのです!今回は、そんな悪名高い世界のリーダー8人と、その衝撃的な悪行の数々を詳しく紹介します。



    スポンサードリンク

8.オマール・アル=バシール

(image..therichest.com)

 スーダンの現大統領、オマール・アル=バシールは、その卑劣さから、毎年行われている『ワシントン・ポスト』の付録誌『パレード』の「世界最悪の独裁者ランキング」で、2005年から2007年度にかけて3年連続で一位に選ばれました。彼は1989年6月30日にクーデターを起こして政権を掌握して以来、議会を解散させるなどして国のトップであり続けているのです。

 また、彼は2003年から2013年まで続いたスーダン西部のダルフール地区の紛争や大量虐殺を先導したことでも知られています。アラブ系であるバシールは、キリスト教徒や非アラブ系の民族を弾圧しました。

 これにより、バシールは国家主席として初めて国際刑事裁判所(ICC)に逮捕状を出されました。ICCによると、その起訴内容には5件の人道に対する罪と2件の戦争犯罪が含まれているといいます。

7.チャールズ・テーラー

(image..therichest.com)

 リベリアの元大統領、チャールズ・テーラーは、人生をそのまま映画にできてしまいそうなくらいの経歴の持ち主です。

 彼は1980年にクーデターを起こし、サミュエル・ドウ政権下で調達庁長官に就任します。1000万ドル(約11億円)を横領し、アメリカに亡命した後に逮捕されてしまいました。しかしその後、彼はアメリカの刑務所から逃走し、逃亡したリビアで当時政権を掌握していたムアマル・カダフィ大佐に師事します。カダフィ大佐の支援を受け、反政府武装組織を結成し、内戦を起こして最終的にリベリアの大統領になったのです。本当に壮絶な人生ですよね。

 しかし、一般市民からしてみれば彼が権力を握ってしまったことは悲劇以外の何者でもありませんでした。テーラーは少年兵の使用や性的奴隷、テロ行為、そして60万人以上が犠牲になった内戦に関与したなどして国際戦犯法廷から提訴されました。彼は懲役50年の実刑判決を受け、現在イギリスの刑務所に服役しています。

6.アウグスト・ピノチェト

(image..therichest.com)

 ラテンアメリカには過去に数々の非道な指導者がいましたが、チリのアウグスト・ピノチェト大統領ほど無慈悲で計画的な独裁者はいないでしょう。1974年から1990年の在任期間中の死者数は3000人ほどだと言われています。しかし、一方で、拷問や投獄も広く行われ、何らかの形で人権侵害を受けた人々は10万人とも推定されます。また、失踪して行方の分からなくなってしまった人も少なくありません。

 ピノチェト政権下のチリは国民を恐怖で支配していた強権政治でした。1973年9月にクーデターを起こした直後の10月、「死のキャラバン」と呼ばれる部隊を結成し、彼に反発する人民連合系の市民を虐殺しました。その犠牲者は、数日間だけで100人近くにのぼったとされています。

 最終的に、ピノチェトは任期を延長するかどうかの国民投票に負け、1990年に辞任しました。

5.イディ・アミン・ダダ

(image..therichest.com)

 1971年から1979年の間にウガンダの大統領を務めたイディ・アミン・ダダは、その残虐さから「黒のヒトラー」と呼ばれていました。彼は1971年1月にクーデターを起こし、政権を掌握します。前任のオボテ支持派やキリスト教の民族のほかに、彼の地位を脅かす存在は幅広く弾圧しました。その結果、アミンの在任中におよそ30万人の国民が虐殺されたとされています。

 また、アミンは、誇張や妄想の入ったすごく長い肩書きを自分自身につけたことでも知られています。

 「終身大統領、陸軍元帥、巡礼者、博士であられる、イディ・アミン・ダダ閣下、ヴィクトリア十字勲章、殊勲章、および戦功十字章受勲者、地上のすべての魚の支配者にしてアフリカ全般、殊にウガンダにおける大英帝国の征服者」

 ちなみに、1979年に失脚したアミンは、サウジアラビアに亡命し、生涯ウガンダに帰国することはありませんでした。



スポンサードリンク

4.ポル・ポト

(image..therichest.com)

 カンボジアに住む方々にとって、1975年から1979年のポル・ポト政権は長い悪夢のような時代だったでしょう。

 およそ20~30万人が犠牲になった8年間もの内戦の後、ポル・ポト率いる共産主義グループ、「クメール・ルージュ」がカンボジアの政権を占領しました。しかし、案の定、ポル・ポト政権下の共産主義は理想からはかけ離れたものとなりました。

 国民は、一切の財産や身分を剥奪され、郊外の農村に強制移住させられました。そして全員が農民として農業に従事させられた上に、「反乱を起こす可能性がある」という理由で多くが処刑されたのです。クメール・ルージュ内部の人間も、反乱の首謀者になる疑いをかけられて殺されました。また、子どもたちは親から引き離され、幼いうちから農村や工場での労働や軍務を強いられていました。

 彼が実権を握っていた5年間での死者数は70~300万人とも言われていて、正確な数字は分かっていません。この時代の主な志望理由は処刑の他に疫病、飢餓、過労死などでした。また、ポル・ポトが設置した強制収容所の死亡率はナチスのものを遥かに凌ぐといいます。S-21と呼ばれた政治犯収容所からは、およそ2万人の収容者のうちたったの7人しか生き残ることができなかったのです。

 1979年にベトナムとの戦争に敗れ、ポル・ポト政権は崩壊しましたが、たった5年間ながらも、その卑劣さと残酷さはカンボジアの歴史に刻まれることになりました。

3.フェリシアン・カブガ

(image..)(image..therichest.com)

 ルワンダ紛争は1990年から1993年にかけて、フツ系の政府軍と、ツチ系のルワンダ愛国戦線 との間で行われた武力衝突で、100万人近くが虐殺されました。フェリシアン・カブガは、この世界でも類を見ない規模の大虐殺を引き起こした人物として、現在、ルワンダ国戦犯法廷によって国際指名手配されています。

 カブガはルワンダの実業家で、茶畑の経営から富を手に入れました。しかしその後、彼は「ミルコリンヌ自由・ラジオテレビジョン」にに出資します。当時、識字率が50%以下であったルワンダでは、ラジオなどのメディアによるプロパガンダがツチ族虐殺の引き金になったといわれています。

 彼は他にも開発国民革命運動や共和国防衛同盟といったフツ至上主義の政党や、党の民兵組織「インテラハムウェ」などに資金提供を行い、虐殺に加担したとみられています。この資金で約50万本ものなたなどの武器が輸入され、民間人の殺害に使われました。

 カブガにはジェノサイド、ジェノサイド遂行の共謀、ジェノサイドの共謀など11件もの嫌疑がかけられていましたが、各国の協力がありながらも現在も逮捕されていません。

2.毛沢東

(image..therichest.com)

 中国共産党中央委員会の創立委員のひとりであった毛沢東は、中国の経済を大きく躍進させた立役者として知られています。しかし、その経済成長の裏で、4500万人の命が失われたと言われているのです。

 香港で活動している歴史学者のフランク・ディケーターさんによると、毛沢東の大躍進政策によって何百万人もの人々が飢餓や過労、さらには暴力などによって死亡したそうです。軽犯罪の罰則も大変厳しく、ほんの少しの果物や野菜を盗んだだけで、縛られて池で溺死させられました。また、冬に上半身裸で強制的に農作業をさせられるなど人も少なくなかったといいます。

 その後、1976年に86歳で亡くなるまで、毛沢東は国のトップであり続けました。数々の失敗や悪行があったにも関わらず、中華人民共和国を建国した功績は今でも讃えられています。



    スポンサードリンク

1.アドルフ・ヒトラー

(image..therichest.com)

 アドルフ・ヒトラー無くして、冷酷で卑劣な独裁者について語ることはできません。ジョゼフ・スターリンやジンギス・カンなど多くの独裁者を差し置いて、やはり1位は第二次世界対戦中のドイツ、ナチスを率いたこの人物でしょう。

 チャップリンを思わせるような茶目っ気のある口髭がトレードマークですが、実際に彼が行ったことは極悪非道そのものでした。彼は世界でもっとも悪名高い「ホロコースト」を導き、ユダヤ人大虐殺を行ったのです。

 ナチスはまず、ドイツ国内にいるユダヤ人への迫害を開始しましたが、ドイツの勢力が拡大すると、ポーランドなど他国のユダヤ人の一掃を目指します。彼らを「ゲットー」という居住地区に移送し、1942年7月からはユダヤ人らを強制収容所に送り、強制労働や、毒ガス等を使った虐殺を開始しました。ホロコーストの犠牲になった人々の数については諸説ありますが、550万人は下らないと考えられています。

 ユダヤ人絶滅計画以外にも、そもそもヒトラーは戦争を始めた張本人として、第二次世界大戦中に起きたありとあらゆる戦闘に対して責任があると考えられます。なんと、第二次世界大戦全体での犠牲者は、世界で5000~8000万人にのぼるといわれています。

 しかし、ヒトラーは敗戦が確実になった1945年4月30日、自ら命を絶ち、その責任や罪を償うことはありませんでした。

スポンサードリンク

  1. このランキングはおかしい
    世界標準だと
    1位毛沢東、2位スターリン3位ヒトラーだぞ

    7位が金日成8位が李承晩  いま生きている中では1位が習近平、民族浄化で殺している数が半端ないからベストテン入りするだろう

  2. この手の話題でヒトラーがいつも一番になるけど、そもそも政権取る前からユダヤ迫害を謳っていて、支持されて政権取った後それを実行したに過ぎないから卑劣でもなんでもないかと。
    それなら国民や国のためにと言いながら粛清しまくったスターリンやポルポトの方がやり方的には卑劣だと思う。

  3. ナチスドイツはユダヤ人という民族を殺し尽くしておらず、未遂で終わってるけど、スペインは文字通り一つの民族を虐殺し滅ぼしているのだから、当時のスペインの指導者の方がよほど悪辣だろ

  4. 第三世界は未だ戦国時代から脱却出来ずにいる
    良いヒントを与えよう
    大名行列だ

  5. 過去に行くたびに数字がおかしくなるな。
    殺害効率も過去ほど悪い筈なのに。
    あまりに数字盛り過ぎ。

  6. 現役の独裁者限定なら
    アフェウェルキを入れてしかるべきだろ。

  7. この手のランキングにレーニンが出ることは少ないけど強制収容所や秘密警察、人民裁判等の20世紀の全体主義のシステムを作ったのはやはりレーニンだぞ。
    ロシア革命後の独裁者など共産主義者もファシスト(レーニンとムッソリーニはスイスで師弟関係だった)もレーニンのコピーばっかだぞ。

  8. 昨日たまたま、ムダズモなき改革って漫画読んだけど、とても政治色が強く、毛沢東は7000万人でぶっちぎり。
    ユーロはヒットラーの上がいるのを許せない

  9. 毛沢東に比べればヒトラーなんぞ子供の遊びに等しいぞw

  10. 金正恩と比較するのは・・・。
    ここに挙げられた独裁者達を擁護するわけじゃないけど、彼らは全員が自らの力で権力を手にし、その過程、または権力基盤や体制の強化するために暴挙に出たわけでしょ。
    我々日本人や欧米人などの先進国とは違う時代にある国家や地域なわけで・・・。
    おそらく、彼らが圧政を敷いた時代は、我が国の戦国時代みたいな時代、社会状況なのでは?
    つまり、近代国家になるためには避けられない悲劇という側面があると思う。
    その時代格差や、社会状況を無視して、圧政や独裁を非難し排除した結果がイラクなんじゃないかな。

  11. どう考えても毛沢東の文化大革命
    ヒトラーも酷いことは変わりないが欧州はヒトラーアレルギーで中韓のように誇張が過ぎる
    毛沢東とスターリンだけは桁が違うツートップで他と完全に別格

  12. 現在流通してるプロパガンダに準拠してるランキングって噴飯物だな

  13. ヒトラーが入るなら日本人撲滅を目指してたルーズベルトもランクに入っていいはず

コメント