レモン水を飲むと起こる5つの変化

 毎日レモン水を飲んでいるという人はいますか?

 最近ではレモン水を提供してくれる飲食店やカフェも増えてきましたよね。

 あのわずかに酸っぱいレモン水には、あまり知られていない多くの素晴らしい効果が隠されており、多くの有名人やモデルが、レモン水を飲んでいることを公言しています。

 今回は、そんなレモン水を飲むと起こる5つの変化を解き明かしていきましょう!



    スポンサードリンク

1.消化器官を改善する

 レモン水には、食物繊維が豊富に含まれているため、食べたものの消化吸収を高めながら、便通を改善する効果があります。

 飲食店で、レモン水が出てくるのは、こういった消化促進効果があるためです。

 また、レモンに含まれているクエン酸には、肝臓内の胆汁の生成を促進させる効果があるため、お酒の飲み過ぎで弱った肝臓を回復させてくれます。

 肝臓が弱い方は迷わずレモン水を飲みましょう。

2.綺麗になる

 レモンにはメラニン色素を減らす効能や抗酸化作用のあるビタミンCが豊富に含まれているため、肌のシミやソバカスを防ぎながら美肌に導いてくれます。

 またレモンの果皮には、ポリフェノールのヘスペリジンや、エリオシトリンなどの抗酸化作用をもつ成分も含まれているため、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病にも効果的です。

 これらの成分により、レモン水を飲んだ後は新陳代謝が高まることで、体の内側からポカポカと温まり、余分な体重を減らすダイエット効果も期待できます。

 これらの美容効果から多くのセレブやモデルがレモン水を飲んでいることを公言しています。

3.口臭改善

 どれだけあなたに魅力があっても、口が臭いと、誰も近寄ってきません。

 しかし、安心してください。レモンには、口臭や虫歯、口内炎の発生を抑えてくれる殺菌効果があるため、あなたのモルボル張りの口臭であっても、レモン水を飲むことで、フレッシュな息にすることができます。



スポンサードリンク

4.リラックス効果

 レモンや柑橘系の果物の匂いを嗅いでいるとなんだか落ち着きますよね。

 実はレモンの皮に含まれるリモネンやシトラールという成分には、リラックス効果があり、アロマなどにもよく使われています。

 このリモネンの香りには、交感神経を刺激して、体内時計をリセットする効果があります。

 多くの人は、朝起きたらコーヒーを飲んでエネルギーを充電していると思いますが、カフェインが苦手という人や、コーヒーを飲むとお腹がピーピーになるという人は、毎朝、レモン水を飲むことで便通も改善し、スッキリとした気持ちで朝をスタートさせることができます。

5.炎症を抑える

 スポーツ選手や肉体労働者、お年寄りの人は、足腰や、膝などに炎症を起こすと、体を曲げたり伸ばしたりするだけでも、痛みが走り、歩くこともできないような症状になることがあります。

 レモンに含まれるエリオシトリンという成分は、これらの炎症を改善する効果があります。

 実際に、整形外科でも直せなかった膝の痛みを、1〜2ヶ月レモン水を飲むことで、回復させた人が多く存在しています。

 足腰や関節に痛みがある人は、整体やマッサージを受けるのもいいですが、自分の体の中から変えていけるレモン水を飲むだけで、改善されるかもしれませんよ。



    スポンサードリンク

まとめ

 どうですか?レモン水の凄さが分かってもらえたでしょうか?

 レモン水は、レモンを丸々一個絞り、そしてコップ一杯(200ml)に入れましょう。

 飲むタイミングは、朝でもいいですし、夜でもいいですが、飲み過ぎは体に負担をかけるので、1日1杯にしましょう。

 今すぐキッチンへ行ってレモン水を作ってみてください。

スポンサードリンク

コメント

⚡️電撃ランキングの最新記事をお届け