雷に打たれるも生き残った人々8選

 地球上では、毎日5万回もの雷雨が発生しており、1秒に約100回もの小さな放電が起きています。人が一生涯で雷に打たれる確率は、1万2000人に1人と意外にも高く、その大半が、夏の時期に起きています。

 もちろん雷に打たれた場合は、ほとんどの人が感電死してしまいますが、それでも運良く雷が体をすり抜けて助かったという珍しいケースも少なからず報告されています。

 今回は、そんな雷に打たれながらも生き残った人々を8人ご紹介します。



    スポンサードリンク

8.ウィンストン・ケンプ

(image..icreative.am/71106.html)

 ウィンストン・ケンプは、雷に打たれた時、何が起こったのかわからずそのまま歩き続けていたといいます。

 腕に痛みを感じるまで自分が雷に打たれたことに気づかなかったのは、幸運にも直撃ではなく、一度地面に落ちてはね返った雷が当たったからだと言われています。

 腕に残った傷跡は、自然が作り出した美しいタトゥーのようで「リヒテンベルク図形(樹状の美しい模様「リヒテンベルク図形」)」と呼ばれています。

7.ソフィー・フロストとメイソン・ビリングトン

(image..icreative.am/71106.html)

 14歳のソフィーとメイソンは路上を歩いている時に雷に打たれました。

 メイソンは目にダメージを受け、ソフィーはiPodのイヤホンを伝って流れた電流で胸にやけどを負いました。

 実は、iPodを持っていたことで電流がiPodのほうに伝わり、心臓などの臓器が致命的なダメージを受けずに済んだのです。そのiPodは、おばあちゃんからのプレゼントでした。



スポンサードリンク

6.オースティン・メルトン

(image..icreative.am/71106.html)

 14歳のオースティン・メルトンは、中学校のバスケットボールの試合中に雷に打たれました。雷で体育館が停電し、友人たちが怖がり始めたため、彼は何が起こっているのか突き止めようと体育館の外に出ました。そして白い光に包まれると、彼は病院のベッドの上で、頭、胸、足首に火傷を負い、鼓膜が破裂していました。

 彼はその後、雷に打たれても生き残った証として(放電で火花が散るスパークを愛称にした)「スパーキー」というニックネームで呼ばれるようになりました。

5.ブリトニー・ウェール

(image..icreative.am/71106.html)

 2011年、11歳のブリトニー・ウェールは、友人とペンシルベニア州ワシントンの通りを歩いている時に雷に打たれました。その日は快晴で落雷が発生している様子はなかったのですが、なんと数km離れた場所で発生していた雷雲から、遠く離れた彼女に直撃したのです。

 病院に搬送されると、左腕の肩と手首に火傷があることがわかりました。これは、雷が肩から体に入って手首から放出されたことを示しており、心臓にダメージを受けなかったことが不幸中の幸いでした。



    スポンサードリンク

4.アリス・スベンソン

(image..icreative.am/71106.html)

 2011年、12歳のアリス・スベンソンはシャワー中に雷に打たれました。

 家族が叫び声を聞いて浴室に駆けつけると、彼女がシャワーヘッドを掴んだまま叫び続けていました。なんと雷の電流が水道管の水を経由しシャワーから出るお湯で感電したのです。

 全身が濡れている状態だったのにもかかわらず、幸いにも命に別状はありませんでした。

3.ディラン・ニコラス

(image..icreative.am/71106.html)

 21歳のディラン・ニコラスは、自宅の車庫に背を向けて昼食を食べている時に雷に打たれました。

 心臓発作の持病を持っていたため急いで病院に搬送され、命に別状はありませんでした。車庫の近くにいたことが幸いし、雷が車庫のシャッターに放電されたため大事には至らなかったのです。

2.ジャミー・サンタナ

(image..icreative.am/71106.html)

 2016年4月、ジャミー・サンタナはアリゾナ州バックアイで義理の弟と一緒に森で乗馬をしていました。嵐が近付いて来たので2人はその場から逃げようとしましたがすでに遅く、不運にも雷に打たれてしまったのです。

 彼が乗っていた馬は死んでしまいましたが、彼は4ヶ月間の病院での治療の後、奇跡的に回復しました。



    スポンサードリンク

1.ロイ・サリヴァン

(image..icreative.am/71106.html)

 バージニア州のシェナンドー国立公園の監視員だったロイ・サリヴァンは、1942年から1977年の間に7回も雷に打たれた人物です。

 この7回という数字は世界記録としてギネスブックにも載っており、あまりにも雷に打たれるため「人間避雷針」というニックネームで呼ばれました。

 ただ悲しいことに、彼は7回の落雷を生き延びたにもかかわらず、最後は失恋を苦に自殺したとされています。

via..icreative

スポンサードリンク

コメント