有名なロゴに隠されたメッセージ8選

有名な会社のロゴは素敵なものが多いですが

このマークはただ付いているわけではなく、なんらかの意味を持っているものもあります。

今回はそんな有名な8つのロゴに隠されたメッセージを見ていきましょう!

8.マクドナルド

 

96fd3865302efad4d084bdca219a1d1a

マクドナルドのロゴは、頭文字の’’M’’を表していると思いがちですが、実はそうではありません。

創業当時のマクドナルドのロゴは、今は姿を消したスピーディというキャラクターと

後ろにゴールデンアーチと呼ばれる橋をイメージしたものが1つだけ描かれていました。

その後、店舗の両脇に2つのアーチを設置し

それを斜めから見た風景をロゴマークに使用し始めたのです。

Mに見えるものは、2つの金色のアーチだったのですね。

7.サーティーワン

皆さんが大好きなサーティーワンのアイスクリームは、アメリカではバスキン・ロビンスという名前で呼ばれています。

こちらのロゴ’’BR’’は一見バスキン・ロビンスの頭文字だけの様に見えますが、よくよく見てみるとピンクの部分が31になっています。

これは、バスキン・ロビンスには31種類のアイスクリームの味があることを表しています。

ちなみに、バスキン・ロビンスをサーティワンと呼ぶのは、日本と台湾だけなのだそうです。

6.VAIO

VAIOのロゴにも隠されたメッセージがあります。

前半2文字が正弦波でアナログを表しており、後半2文字は102進法でデジタルを表しているのです。

これはVAIOの掲げる「アナログとデジタルの融合」というスローガンを表しています。

5.amazon(アマゾン)

今ではアマゾンは誰もが知る会社であり、そのロゴもよく見かけるようになりました。

文字のすぐ下にある矢印のマークはニコッと笑っている口元のように見えます。

そのマークがAからZまで伸びているのは、アマゾンにはAからZまですべての商品が揃っているという意味なのです。

4.フェデックス

物流サービスを提供する世界最大手の

フェデックスのロゴにも、隠されたメッセージがあります。

EXの間に注目してみると空白の所に矢印が隠れているのにお気づきでしょうか?

これはフェデックス社が掲げる「未来を見据えた仕事」を表したものなのです。

ちなみにアラビア語で書かれたロゴにも逆方向ですが、しっかりと矢印が入っています。

3.IBM

こちらのロゴも電気屋さんやデパート、テレビCMなどでよく見かける有名なロゴです。

IBMのロゴのシマシマの線がただのデザインだと思っていませんか?

実は、これは=(イコール)平等を表しているのです。

2.ランボルギーニ

猛牛がデザインされたランボルギーニのエンブレムにも、深いメッセージが隠されています。

創業者のフェルッチオ・ランボルギーニは、トラクターの製造で成功しフェラーリを購入したものの故障が多く、不満を抱いていました。

そこで自らスーパーカーを作り始めることを決心しました。

フェラーリに負けたくないという想いから

「馬」に対抗してロゴに「闘牛」を使ったといわれており..

また「牛はトラクターの誇り」という考え方もあるそうです。

1.Google

Youtubeの親会社でもあるGoogleのロゴにも面白い意味が隠されています。

Googleの元になった言葉は、グーゴル (googol)という10100乗を意味する言葉で

膨大な数の中から好きなものを選べるという意味が含まれています。

また、Googleのロゴには三原色(赤・青・黄)が使われていますが、Lだけ緑色になっています。

これも、型にはまったやり方だけではなく、面白い発想を持って仕事に取り組むという意味が含まれているのです。

via..viralnova,wikipedia

スポンサードリンク

コメント