あなたが知らないロゴマークの意味5選

 意識したことはないと思いますが、私たちの周りには様々なロゴマークがあります。

 自動車メーカーのロゴからリモコンの停止ボタン、Bluetoothのマークまで、一目見ただけで理解できてしまう優れたマークが溢れています。

 そんなロゴマークには、実は製作者の熱い想いが込められていることもあるのです。

 今回は、そんなあなたが知らないロゴマークの意味を5つ見ていきましょう!



    スポンサードリンク

1.ブルートゥース

 ブルートゥースのロゴマークは、あなたのパソコンやiPhoneにも付いていますよね。

 様々な周辺機器をコードレスで操作する際に役立ちますが、このマークにも意味が隠されています。

 実はこのマークは、かつてデンマークの王を務めた、ハーラル・ブロタン(Harald Blåtand)に由来しています。彼はブルーベリーが大好きで、歯が青く染まっていたことから、「Bluetooth」とも呼ばれていました。

 そしてあの不思議なロゴマークは、ハーラル・ブロタン(Harald Blåtand)のイニシャルである「H・B」を、北欧ルーン文字で表したものです。

 HとB、それぞれをみてみてください、あのマークが浮かび上がってきますよね。

 ハーラル・ブロタンは、現在のノルウェー、スウェーデン、デンマークの一部にあたる勢力を統一するときに活躍した人物で、様々な違いのある電波やデバイスを統一できるようにという願いも込めて、Bluetoothと名付けられました。

 関係ないですが、歯はしっかり磨きましょう。

2.ピースマーク

 このマークは、日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、平和運動や反戦運動のシンボルとして世界中で使われているピースマークです。

 このマークは、1958年にイギリスのグラフィックデザイナー、ジェラード・ホルトムが「核兵器の使用に抗議する」目的で、デザインしました。その意思から核軍縮(Nuclear Disarmament)のイニシャルである「N」と「D」を手旗信号で表すことにしたのです。

 「N」の手旗信号は、両腕を斜めに下した形、「D」の手旗信号は、右手を真上に左手を真下にした形で、その二つを、一つの円で囲んでいるのです。

 このマークを著作権で保護していないため、世界の平和・反戦の象徴として大々的に世界中に広まっていきました。

3.男女のマーク

(image..nakagawaharumi.jp)

 つんく♂さんの名前やドラクエなどでよく見かけるこの男女のマークは、誰もが一度は目にするマークの一つですが、実際になぜ男女のマークがこのような形をしているのかを知っている人はほとんどいないでしょう。

 私たちの先祖は、太陽やほかの天体の動きが、地球上に、季節の移り変わりや、動物の繁殖、作物の収穫に関係していることに気づき、その神のような7つの天体と、身近な7つの金属を関連付けて考えていました。

 例えば、光り輝く太陽は「金」、火星は「鉄」、金星は「銅」、水星は「水銀」と表していたのです。

 そのため、日常生活、特に金属を扱う、鍛冶職人の間では、鉄のことを「火星」、ギリシャ語でThouros(サーロス)、銅のことを「金星」ギリシャ語でPhosphorus(フォスフォラス)と呼び、表記していたのですが、手書きの時代に、何度もこの言葉を書くのは、煩わしく、だんだんと省略されて、今のロゴマークの形に近づいていきました。

 そして、時が経ち、このマークが定着すると、カール・フォン・リンネの発案により、「はーい、今日から、この鉄マークはオスね、そんで、銅のマークは、メスってことで、よろしくー」と言い放ったのです。

 なぜ、火星が男で、金星が女なのかというと、元々、ギリシャ神話では、火星は「軍神アレス」、金星が「美の女神アプロディーテ」とされていたからです。

 トイレなどに使用されている男女のマークが、鉄と銅だったというのは・・驚きですね。



スポンサードリンク

4.コマンドキー

(image..www.tested.com)

 アップルが初代マッキントッシュ開発中のころ、コマンドキーには、元々アップルのリンゴマークを入れる予定でした。

 しかし、ジョブズCEOは、そういったロゴを乱用することはよくないと考えていたため、締め切りの2日前になって、デザイナーであるスーザン・ケアに、「コマンドキーのロゴを考えてほしい」と依頼しました。

 そこで焦りに焦ったスーザンは、世界シンボル辞典を読み漁り、見つけ出したのは、キャンプ場などを表すスウェーデンの道路標識でした。

5.電源ボタン

(image..gigazine.net)

 コンピューターに関連する製品には、様々なマークがあります。中でも最もよく目にするのは、円の内側に小さな縦線が表示されている電源ボタンのマークでしょう。

 これがxboxに赤く表示されると背筋が凍りますが、このマークは大変メジャーなもので、パソコンだけでなく、Tシャツやポスターにまで付けられています。

 実際には、このマークは、コンピューターが読み込むプログラムであるバイナリーコード(1と0の連続)がそのままつかわれているもので、「1」が「オン」で、「0」が「オフ」を表しています。

スポンサードリンク

コメント