犯罪率が最も低い国10選

世界では政情が不安定な国やテロの脅威がまだまだ存在し、安全といえる国はまだまだ多くはありません。

しかし、居住や観光するためには治安の良さは大事ですよね。

そこで今回は、犯罪率が最も低く、安全とされる10カ国をご紹介します。

日本は比較的安全な方の国であるため、あまりピンとは来ないかもしれませんが、いつか自分の住む国が危険な状態になった時に役に立つかもしれません。



    スポンサードリンク

10.スウェーデン

(image..toptenz.net)

スウェーデンは約1000万人の人口に対して、2015年に発生した殺人事件はたったの90件のみでした。

しかし完全に安心できる国というわけではなく、観光シーズンにはスリや痴漢などの発生件数が増える傾向にあります。

特に痴漢に関してはヨーロッパ全体で一番発生件数が多いそうなので、女性の方にとってはあまり安全な国というわけではないかもしれません

9.オーストリア

(image..toptenz.net)

オーストリアは、人口は約800万人ほどの小さな国ですが、毎年平均で40件ほどの殺人事件が発生しています。

勿論絶対に安全ということではなく、2015年に移民受け入れのために人口が増加し、治安に影響を及ぼしています。

ですが、美しい街並みとおいしいビールが楽しめ、人々も優しい素敵な国には変わりありません。

8.スイス

(image..toptenz.net)

スイスといえば雄大な自然が美しい国で、2014年の殺人事件数は、人口800万人に対し、41件のみです。

ですが、同時に銃の所持率が最も多い国の一つです。

スイスは経済的にも豊かな国でありGDPの順位は12番目で、治安の良さは人々の生活の豊かさを示しているとも言えます。



    スポンサードリンク

7.ドイツ

(image..toptenz.net)

ドイツはヨーロッパの中で1番人口が多く、約8000万人以上が暮らしています。

移民受け入れで、人口が増加したにもかかわらず、ほとんど全ての犯罪の発生件数が90年代から減少傾向にあります。

万引きだけは物凄い勢いで増加しているそうですが、OECD加盟国(ヨーロッパ、北米等の国々によって、国際経済全般について協議することを目的とした国際機関)の中で9番目に低い犯罪件数で、1500万人以上の人口に対し2100件の殺人事件が発生しました。

他の国に比べると多く感じますが、人口を考えると良いほうでしょう。

安全な国ではありますが、 勿論、夜中に一人で出歩くのはおすすめできません。

6.ノルウェー

(image..toptenz.net)

人口は500万人ほどで、2015年の殺人事件発生数はたったの21件と非常に少ない結果になりました。

また1人当たりのGDPや平均寿命、就学率、ともに世界的に高く、世界トップクラスに位置しています。

近年ではテロリストによる銃撃事件が首都のオスロで発生したこともあり、警戒は必要ですが、とても魅力的な国の一つであることには変わりありません。



スポンサードリンク

5.デンマーク

(image..toptenz.net)

ビール1杯に約7〜800円ほどもかかる国に住んでいるとしたら、不満が爆発するのは目に見えています。

しかしそこがとても安全な国ならどうでしょうか。

デンマークはOECD加盟国の中で5番目に低い殺人事件率の国です。

首都のコペンハーゲンは幸福度が世界一の街で、移住を本格的に考えても良さそうです。

4.アイスランド

(image..toptenz.net)

2017年1月、若い女性が、殺害されました。

もしこれが他の国ならニュースで流れて終わる、ただの殺人事件の1つにすぎませんが、アイスランド中がこの一つの殺人事件で悲しみに包まれました。

そしてキャンドルライトによる夜の祈りや、数千人が街でデモを起こしたのです。

アイスランドでは他人を想う気持ちが深く、それが治安の良さにつながっていると言えます。

人口はたったの32万人ほどの小さな島の国ですが、街の警察官は武装せず、住人は夜に家に鍵をかけずに出かけることもあるそうです。

3.日本

(image..toptenz.net)

約1億3千万人が暮らす島国ですが、2015年の殺人事件発生数は1000件以下です。

同年のアメリカでは人口は日本の3分の1でありながら殺人事件発生数は日本の15倍でした。

2015年は1945年からの統計の中でどの犯罪も一番低い発生率を記録し、東京は世界で最も安全な街、第1位、大阪は第3位にランクインしています。

しかし、それと同時に日本は、地震が多く、たびたび発生する自然災害の被害は甚大であり、治安の良さというよりも自然の面で危険性が残ります。

2.ルクセンブルク

(image..toptenz.net)

ルクセンブルクはフランス、ドイツ、ベルギーに面しており、人口は54万人のヨーロッパで最も小さい国の一つです。

OECD加盟国の中で最も犯罪件数が低く、殺人率は2番目に低い国で、2015年に発生した路上での強盗事件以外には、暴力事件は記録にありません。

この国は生活水準が高く、その豊かさが、治安の良さに繋がっていると言えます。



    スポンサードリンク

1.シンガポール

(image..toptenz.net)

世界で最も安全な国がシンガポールです。

530万人の人口でありながら、小さな国土面積であり、人口密度の高さは犯罪を引き起こしやすいのでは、と思いきや2011年にはたったの15件の殺人事件で2015年、2016年には全ての犯罪発生件数は十数年間で最低を記録しました。

ただし、最近ではサイバー犯罪が増加傾向にあるそうです。

スポンサードリンク

コメント