世界一安全な国はどこなのか? – 電撃ランキング

世界一安全な国はどこなのか?

 私たちは、人類史上最も安全で平和な生活をしています。

 私たちの寿命は、ずっと延び、戦争もなく、空から、ロケットが落ちてくることもありません・・たぶん・・。

 では、今この地球上で最も安全で、幸福な国はどこなのでしょうか?

 今日は、様々な観点から世界一安全な国を解き明かしていきましょう。

 

 



    スポンサードリンク

1.幸福度

 まず、国民が感じる幸福度の高さが最も高い国を見ていきましょう。

 国民の幸福の度合いは、1人当たりのGDPの高さ、労働時間の短さ、選択の自由によって測定します。すると、デンマーク、スイス、アイスランド、フィンランド、オランダ、カナダ、ニュージーランド、オーストラリアが挙げられます。

 一位は、デンマークです。デンマークには、週37時間しか働いてはいけないという協約があります。なので、サービス残業はもちろん、残業するなんてことは、ありえない国です。

 ちなみにデンマークは、年収の3分の1以上が税金として徴収されますが、その反面、保証が手厚く、教育費は大学まで無料、医者にかかるのも無料です。

 社畜は、今すぐ荷物をまとめてください。

2.平均寿命

 次に、平均寿命の長い国を見ていきましょう。

 モナコ、香港、日本、スイス、シンガポール、オーストリア、スペイン、アイスランドが挙げられます。

 その中でも、モナコが一番長寿の国で、男女の平均寿命は89.7歳です。

 お金持ちの国と言われる、モナコは36,000人ほどしか住んでおらず、医療施設も発達しているため、89.7歳という驚異の数字を叩き出しています。

 また所得税や住民税もないため、世界中からお金持ちが集まってくることでも知られています。(タックス・ヘイブン)

 じゃあモナコに住もうと思うかもしれませんが、預金1〜5億円を持っていることが証明されなければ、モナコに住む許可は、おりません。

 そう考えると、日本の平均寿命83.7歳というのは、人口から考えると、非常に長寿の国ですね。

3.大気汚染

 さて次は、空気の綺麗な国を見ていきましょう。

 ニュージーランド、ブルネイ、スウェーデン、オーストラリア、カナダ、フィンランド、アイスランド、エストニアなどの国があります。

 特にニュージーランドの空気は、世界で最も綺麗だと言われており、呼吸器系疾患になる確率は非常に低い傾向にあります。

 確かに、ニュージーランドの澄んだ空気を毎日吸えるのは、とても気持ち良さそうですね。



スポンサードリンク

4.事件

 次に、殺人事件の少ない国を見ていきましょう。

 どれだけ平均寿命が高くても、刺されればおしまいです。

 マカオ、シンガポール、香港、日本、フランス領ポリネシア、ブルネイ、インドネシア、オーストリアが挙げられます。

 さらに上位の4カ国「アンドラ、モナコ、リヒテンシュタイン、サンマリノ」はすべて、前年に殺人事件が一度もなかった国です。ただし、これら上位4カ国は人口も少ないため、事件数自体が少なくなるのは当然ですね。

 一方日本は、他殺者数289人と、多くの人が住む国の中では、世界で最も殺人率が低い国となっています。

 事件数だけを考えると、日本がいいのではないでしょうか。

5.自然災害

 次は、自然災害の少ない国です。

 カタール、マルタ、サウジアラビア、バルバドス、グレナダ、アイスランド、バーレーン、キリバスが挙げられます。これらが、自然災害の少ない上位8カ国です。

 カタールはこの中でもダントツのトップで、自然災害率は0.08%、地震もハリケーンも津波もありません。

 近隣のサウジアラビア、バーレーン、アラブ首長国連邦も上位にランクインされています。

 逆に、日本は、自然災害の多い国では5位にランクインしています。(1位インド、2位アメリカ、3位インドネシア、4位中国、5位日本)

 自然災害だけを考えると日本ではなく、中東に住んだ方が良さそうですね。



    スポンサードリンク

まとめ

 実は、今年の2017年に地球上で最も安全な国として、アイスランドが選ばれました。(早く言えよ!)

 アイスランドは、幸福度、自然災害、大気汚染、平均寿命など、総合的に見て、とても優秀な国なのです。ちなみに2位がデンマーク、3位がオーストリア、日本は9位でした。

 あなたはどの国に住みたくなりましたか?

 今は、その気になれば、どこにでも住むことができます。

スポンサードリンク

コメント

⚡️電撃ランキングの最新記事をお届け