奇妙な博物館6選

博物館といえば文化や歴史にまつわる物を展示しているイメージが強いですが、世界には一風変わった博物館がたくさんあるのです。

今回はその中でも特に不思議で奇妙な6件の博物館をご紹介します。

興味がある方は、機会があれば訪れてみてはいかがでしょう、ただし中には刺激が強すぎて具合が悪くなるものもあるそうなので注意してくださいね。



    スポンサードリンク

6.下手な絵博物館

(image..duckduckgo.com)

ボストンにあるこの博物館は美しいとは言い難い絵や、芸術品を展示しています。

インターネット上でも数点展示されといるそうなので、どれだけひどいのか確かめてみるのも良いかもしれません。

腕に覚えのある方は、一度自分の絵も展示してもらえる様に頼み込んでみるといいかもしれません。

5.国際交流博物館

(image..duckduckgo.com)

1978年に、金日成政権下にあった北朝鮮の平壌に建てられた博物館で、他国から北朝鮮、特に金日成個人に送られた物を展示しているそうです。

国民はこれらの展示品は他国からの信頼の象徴として説明しており、2000を超える展示品の中にはマイケルジョーダン主演のアニメ、スペースジャムのビデオテープなどもあります。

4.死の博物館

(image..daze.com)

アメリカにある博物館では、死に関連するものを展示しています。

連続殺人犯が書いた手紙や絵画、自殺装置や死体の写真などがずらりと並び、決して楽しみながら鑑賞できる博物館ではありません。



スポンサードリンク

3.医療博物館

(image..wordpress.com)

バンコク博物館は5つのセクションに分かれていて、その中でも医療に特化した医療博物館がとても興味深いセクションになっています。

病気の症例や写真、ホルマリン漬けの死体などが展示されており、教育目的で作られた博物館ですが、とても異様だそうです。

2.便座博物館

(image..duckduckgo.com)

テキサスにある便座博物館はその名の通り、アートが施された便座を展示しています。

館長のスミスさん自ら便座を寄付で集め、手作りしたそうで、コレクションは1000以上になります。

それぞれ違ったテーマや時事などを反映させた便座が見どころです。



    スポンサードリンク

1.髪の毛博物館

(image..duckduckgo.com)

もともとはオーナーの陶磁器店のプロモーションとして始まったもので、訪れた女性が髪の毛を寄付してくれたものを展示しています。

今では16000束以上も集まっており、一つ一つに寄付者の名前とどこから来たのかが記されています。

この展示は洞窟の中だそうで、かなり不気味な雰囲気になっています。

スポンサードリンク

コメント