地球上で起こる驚異の自然現象10選

日本で自然現象といえば雨や雪、台風などを思い浮かべますよね!

しかし世界には信じられないような自然現象がたくさん発生しています。

今回は、そんな美しくて壮大な10の自然現象を見ていきましょう!

10.ブライニクル

3426cf46

北極や南極の非常に冷たい海中で、つららのような形の凍結が起こることがあります。

このブライニクルと呼ばれる現象は、稲妻のように海中を切り裂き、触れ生物死に至らしめるとして、「死のつらら」と呼ばれることもあります。

海水中に極めて低温塩水流入した際に起こる自然現象です。

9.スノードーナツ

0ae056b9

自然に雪玉が作られていく現象をスノードーナツといいます。

この現象は、絶妙な温度と時速60km以上の強風が重なった時にのみ起こる自然現象です。

中心部分はこのように抜け落ちていることが多く、70cm近くまで大きくなることがあります。

8.スーパーセル

0062ea40

スーパーセルとは、非常に激しいのことなのですが、それだけではありません。

スーパーセルは”竜巻を生み出すことができる”という性質を持っている台風なのです。

そのためスーパーセルは世界中の嵐の中で一番危険と言われています。

幸いなことに、この自然現象はとても珍しいもので、米国の中部、それも春先にしか発生することはありません。

7.ペニテンテ

(image..instaglam/TSA)

このペニテンテと呼ばれる自然現象は、山などの、高地で見ることができます。

一つ一つのトゲは4メートルもの高さになります。

アンデス山脈など高地で、乾燥している場所に発生し、天気が良い日には、暖かい太陽の光でペニテンテが蒸発し、美しい光景を目にすることができます。

6.コラムナー・バサルト

(image..qz.com)

玄武岩(げんぶがん)は、火山活動により流れてきた溶岩が急に冷え固まることで、できる岩です。

それらの玄武岩(げんぶがん)が集合してできたものが、コラムナー・バサルトという現象です。

この現象は、世界中で見ることができます。

自然と登りたくなってしまう形をしていますよね!

5.サン・ドッグス

サンドッグは、太陽と同じ高度の太陽から離れた両端にが見える自然現象のことです。

サン・ドッグは両端の2つの光がとても明るいことで知られ、まるで空に3つの太陽が並んで

浮かんでいるかのように見えます。

これは世界中のどこでも見られるものですので、太陽が低いときなどに注意深く見ていればこの現象に出会えるかもしれません。

4.ファイヤーレインボー

(image..acidcow.com)

ファイヤーレインボーは、大気中の氷の粒によって太陽光が屈折することにより、虹のような光の帯が現れる現象のことをいいます。

非常に稀な現象で、太陽の高度が58度以上で、雲の中に氷の結晶が多く蓄積している時にのみ見ることができます。

3.フロスト・フラワー

フロスト・フラワーは、名前の通り氷でできた花です。

この現象は氷の粒子が特定の植物や樹木についてできるものです。

外気が氷点下以下で、植物の内部の温度がそれ以上の時に、植物の表面から水分が引き出されることで、まるで美しい花のような氷の結晶になります。

2.ウォータースパウト

(image..TSA)

ウォータースパウトは時速305キロで移動する水の上に発生する竜巻です。

ボートに乗ってる時にウォータースパウトに鉢合わせしてしまった場合はかなり危険で、毎年ウォータースパウトによって多くの船が沈められています。

この自然現象は、フロリダ近海で年間400500回とよく見られています。

1.火山雷

(image..scmp.com)

火山雷は、激しい噴火が起こったとき、噴煙の中で雷鳴と稲光が発生する現象のことです。

研究者の中でも、なぜこの現象が起こるのかは100%わかっていませんが、おそらく噴火によって細かい粉じんが大気中に舞い上がり、それが大気中に蓄積されていたエネルギーと擦れることで、電流が生まれこの世のものとは思えない眺めを見ることができます。

スポンサードリンク

コメント