毎日を台無しにしてしまうネガティブ思考5選

 誰だって気分が落ち込むことや不安になることはありますし、悩むことは決して悪いことではありませんが

 あまりにも長引いたり、自分で対処することができなくなると、心身に不調をきたします。

 今日は、そんな毎日を台無しにしてしまうネガティブ思考とその対処法を交えて、5つ解き明かして行きましょう。



    スポンサードリンク

1.ここではないどこかに行きたい

 ネガティブ思考の人は、どこか他の場所へ行きたいという気持ちを持っています。

 それは、逃げ出したいような気持ちがあることと、今の状況や場所に満足できていない証拠です。

 その場合、今のこの場所で頑張っている理由と目的を思い出してみましょう。

 人によっては、「ベンツを買うために」とか、「お客さんを喜ばせるのが好き」とか、「将来大きく出世するために」など様々です。

 「俺ってなんでここで頑張るって決めたんだっけ?」

 

2.失敗を恐れ

 失敗したり、間違えを犯すことはできればしたくありませんよね。

 しかし、全て悪く考えて、失敗のことばかりイメージしていると、うまくいくこともうまくいきません。

 何事もうまくいく!と自信をもって前向きに行動しましょう。

 ちなみに、アントニオ猪木の名言に、「(試合に)出る前に負けること考えるバカがいるかよ!」というのがあります。

 負けることを考えた時点で、すでに負けているのです。

3.他人と比べる

(image..www.pinterest.jp)

 自分に自信が持てなかったり不安になってしまう理由の一つに、他人と比べるというものがあります。

 自分が持っていないものを他人が持っていると常に気にしてしまうのはよくありません。

 人それぞれの人生があり、生きてきた環境も、状況も、持っている悩みも違うのです。

 例えば、学校のクラスの一人にとても賢い人がいたとして、その人と比べて、自分はなんて頭の悪い人間なのだと卑下するとします。

 悪戦苦闘の末、クラスで1位になれたとしても、次は、学年で1位の人と比べなければなりません。そして、全学年で1位、全国で1位、次は、全世界で1位と比べることになります。

 そんな辛いレースに出る前に、他人ではなく、過去の自分と比べて、どうなのかを常に意識しましょう。

 それでも、他人と比べてしまった時は、そんな自分を許してあげましょう。

 「まーた人と比べちゃったよ!まだまだ未熟だなぁ」



スポンサードリンク

4.自分に足りないものを見て悲しくなる

(image..www.motortrend.com)

 友達が、高級車を買ったとか、婚約したという知らせを聞いて、少なからず妬ましい気持ちを持ったことがある人もいるのではないでしょうか。

 友達が宝くじを当てようが、見ず知らずのブラジル人が宝くじを当てようが、自分には1mmもプラスもマイナスもありません。

 あなたが遠く離れたブラジル人のことが気になってしかたがないのであれば別ですが、極論、他人が幸せになろうが不幸になろうが、あなたには何の関係もないことなのです。

 あなたは、目の前の自分と大切な人だけを見ていればいいのです。

5.他人に文句を言ったり、責める

 誰かが失敗をしたり、間違えると責めたり、文句を言ったりしていませんか?

 小さなイライラや他人の失敗は確かに気分の良くなることではありませんよね。

 でも、まずは自分の行動から改めて行きましょう。

 他人は自分の鏡です。自分を律して生活することで相手も変わります。

 もちろん、自分ではどうしようもないことは関わらないようにしたり、離れる必要があります。

 それもできないようであれば、自分が変わるしかないのです。

 

スポンサードリンク

コメント

⚡️電撃ランキングの最新記事をお届け