水を飲まなかったらどうなるのか?

 水は、土やパン、私たちの細胞など、どこにでも存在しています。

 体型、年齢、性別などによって少し変わりますが、平均的な人間の体内に含まれている水分量は、55〜60%と言われています。

 つまり私たちの体の半分以上は、水でできているのです。

 今日は、そんな水を飲まなかったらどうなるのか?について解き明かしていきましょう。



    スポンサードリンク

1.体の水分量

(image..saniku-style.jp)

 生まれたての人間の赤ちゃんは、体の75%が水分でできており、魚とほぼ同じだけの水分を含んでいます。

 赤ちゃんのほっぺたがプルプルなのも納得できますね!ですが、1歳になると、約65%に低下してしまいます。

 そんな水は、私たちの体内で、関節を保護するクッションや、体温調節などの働きをしています。

 その他にも、水は臓器にも含まれており、脳や、心臓の3/4が水で、できています。

 肺は、リンゴとほぼ同じで、83%が水でできています。

 乾燥しているように見える人間の骨でさえ、31%は水でできているのです。

 私達の体が、水でできているのなら、なぜ水を飲む必要があるのでしょうか?

2.失う水分

 実は、私達は毎日、汗や尿、排便、呼吸で、2〜3リットルもの水分を失っているのです。

 水分低下を感知すると、一番最初に脳が、尿の放出を抑制しようと命令を出します。

 それが腎臓に到達すると水分子のみを通過させるタンパク質である「アクアポリン」を生成し、血液により多くの水分を吸収させて、体内に水分を保持しようとします。

 こうなると、あなたの尿に含まれる水分が減り、少し濃い色の尿が出るようになります。

3.重度の水分不足

 このまま放置すると、次は、脱水状態になり、エネルギー、気分、皮膚の水分および血圧が低下し、認知障害を引き起こし始めます。

 脱水状態の脳は、水分不足のために収縮し、うまく働かなくなります。

 そんな状態が3日ほど続くと、身体から約6リットルもの水分が消費されてしまいます。

 人間は、体重の20%の水分を失うと死んでしまうと言われているため、体重50kgの成人男性の場合、約10kgほどの水分を失う5日後に、死を迎える可能性があります。

 体重70kgの場合は、約7日間生き残ることができますね。



スポンサードリンク

4.1日3リットルの水を摂るべき

 では、どのくらいの水を摂取すれば、このような状況を回避できるのでしょうか?

 私たちの1日の水分摂取量は、男性の場合2.5〜3.7リットル、女性の場合約2-2.7リットルと言われています。

 これも健康状態や、年齢、そして気温によって量は変わります。

 水分補給に適した飲み物は、水が最も好ましいのですが、コーヒーやお茶でも、十分に水分補給することができます。

 飲み物以外にも、食べ物から得られる水分は、1日の水分摂取量の約5分の1を占めているといわれており、イチゴやキュウリ、ブロッコリーのような野菜には、90%以上の水分が含まれています。

5.まとめ

 ある調査によると、最適な水分補給が、脳卒中の可能性を低下させ、糖尿病や、特定の種類の癌のリスクを低下させることもわかっています。
 もちろん、これだけ綺麗な水がありふれている現代では、このような状況に追い込まれることは、稀ですが、もしものときのために、覚えておいてくださいね!

 

スポンサードリンク

コメント

⚡️電撃ランキングの最新記事をお届け