奇妙でおかしな特許10選

 特許とは新たな技術や発明を発明者本人が独占できる権利で、国が保護すべきと定め、これまで多くの偉大な発明が特許を取得しています。

 しかし、中にはなぜこんなものが?といった奇妙で風変わりなものも沢山あります。心配しなくても誰も真似しないような変わっているアメリカの10の特許を見ていきましょう。



    スポンサードリンク

10.ダイエットマスク

(image..clarivate.com)

  これでもうダイエットの失敗の心配は必要ありません。食べ物はどうやっても食べられませんからね。

 マスクの部分は網状になっており、呼吸や会話は問題ありませんが、食べ物は食べることはできません。また、頭の方までがっちりと固定されていて、鍵もかけられているので、自分で外すことは極めて困難です。

9.鳥用おむつ

(image..clarivate.com)

 鳥のフンの掃除は厄介ですよね。そんな時便利なのが鳥用おむつです。袋状になっていて、フンが漏れる心配もありません。隙間から羽や尾は出すことができるので、鳥にとっても飛ぶ分には問題ありません。

 何かのボタンの掛け違いで、大ヒットしていたとても不思議ではありませんね。



    スポンサードリンク

8.ゴルフサポーター

(image..totallyabsurd.com)

 体全体を器具に固定することで、さながらプロゴルファーのようにスイングを矯正できるのです。肩、腰、腕、足を固定して完全にコントロールし、下半身の力がサドルに作用し、正しいスイングの軌道に動いてくれます。

 初心者にもピッタリですね。



    スポンサードリンク

7.即席フェイスリフト

(image..totallyabsurd.com)

 大事な日に限ってシワやたるみが気になる!という時もありますよね。そんな時に便利なのが即席のフェイスリフト。装着は簡単で、図のAの器具を頭皮に接着したあと、数本のストラップをピンと張るようにAの器具を通るようにくっつけています。

 発明者によれば、器具はすべて透明か肌の色に近い者で目立たないそうですが、誰にも気づかれない可能性は高いとは言い難いですね。

6.モーター付きアイスのコーン

(image..google.com)

 アイスが自動的に回転し続けることができるようになっているアイスのコーンです。食べる人はただ舌を出し続けるだけでいいようになっていますが、現実的に考えて普通に食べた方が早いですね。

5.バナナケース

(image..totallyabsurd.com)

 持ち運びに便利なケースはバナナを挟み込む形でバナナを収納できます。真ん中にはパッドもついているため、つぶれないように綺麗に持ち運びできます。



スポンサードリンク

4.簡易防音室

(image..freepatentsonline.com)

 イライラや怒りが爆発しそうな時、大声を出して発散できるのがこの簡易防音室です。気泡ゴムでコーティングされており、中にあるマイクがどれだけ音量が出ているか計測してディスプレイに表示もしてくれます。

3.顔文字付きキーボード

(image..google.com)

 通常顔文字はキーボードの記号を組み合わせて入力しますが、このキーボードはすでに顔文字や省略文字を搭載していて、キーを押すだけで顔文字を入力してくれるというものです。

2.便利箸

(image..clarivate.com)

 箸を使いたいけれど、使うのが難しい、ということで発明されたものです。箸の先にフォークやスプーンがくっついており、特別難しい操作が必要ありません。でも普通にフォークやスプーンを使ったほうがいいですよね。



    スポンサードリンク

1.犬の耳ガード

(image..google.com)

 この道具は特に長い毛の犬のために発明されました。ご飯を食べたり水を飲む時に毛が一緒に巻き込まれて汚れるのを防いでくれます。

 代わりにとても大事なものを失っている気がしますね・・。

via..oddee.com

スポンサードリンク

  1. バナナケースと簡易防音室は商品化されてるよね?
    防音マイク・・・構造上、息が出来ない欠陥があるそうな

  2. 便利箸、すっげー細かく番号書いてあるけど、どんな説明があるのか見てみたい

コメント