クリップ2万円!?奇妙な高級なブランド品9選

 皆さんは、ブランド品はお好きですか?

 やはり高いものは一味違うなと思う物もあれば、ノーブランドの商品に比べて、デザインや素材・質に何ら違いはないのでは?と思う物もありますよね。

 今回はそんな、「何もそれをブランド物にしなくても・・・」と思うような、ムダに高級なブランド品を9つご紹介します。



    スポンサードリンク

9. シュプリームの煉瓦

(image..complex.com)

 ストリートファッションブランド「シュプリーム」の2016年秋冬コレクションが発表されたとき、話題になったのは服ではなくて煉瓦でした。そう、シュプリームのロゴが刻印されている以外は全く普通の、21cm×10cm×5.5cmの煉瓦です。

 2015年春夏の消火器や2015年秋冬のカッターナイフのように、ちょっと変わったものにブランドのロゴを入れて売り出すのがシュプリームの常套手段ですが、さすがに煉瓦は使い道が限られそうですよね・・・。

 しかし、この煉瓦、約3300円で売り出されたところ直ぐに完売してしまい、eBay(ネットオークションサイト)で高値で取引されるようになりました。あるソーシャルニュースサイトの編集者が元々の小売価格から計算したところに拠ると、もしこの煉瓦で約66坪の家を造ったら、約5億2千万かかるそうです。建築資材としてはかなり高級なことが分かりますね。

8. ジル・サンダーの紙袋

(image..pilotonline.com)

 ミニマルなデザインで知られるドイツのファッションブランド「ジル・サンダー」の2012-13年の秋冬コレクションで発表された、こちらの「ヴァザーリ」は、一見お昼ご飯のサンドイッチを入れておく紙袋のようですが、約3万円もするんです。

 もちろんただの紙袋ではなく、耐久性・防水性のある紙が使われており、縫い目やハトメ、有名なデザイナーのロゴがアクセントになっていて、付加価値が付いています。しかし、付加価値が付いていると言っても、やはり紙袋としか言いようがありません・・・。



    スポンサードリンク

7. ダイヤモンドが表面に散りばめられた、PGティップスのティーバッグ

(image..blog.teadog.com)

 ダイヤモンドが散りばめられたこの豪華なティーバッグは、2005年に、イギリスの紅茶ブランドである「PGティップス」の75周年を祝って作られました。通常のPGティップスの茶葉入りのティーバッグに、イギリスの宝石店「ブードルズ」の宝石職人が手作業で280個ものダイヤモンドを付けた、およそ100万円以上の価値がある、世界で最も高価なティーバッグだと言われています。

 このティーバッグはイギリス国内各地のショッピングセンターで展示され、マンチェスターの小児病院の寄金を募るために使われたとのことです。

6. プラダのクリップ

(image..myfox8.com)

 ペーパークリップも、普通は数百円で大量に買うことのできる安いものですよね。しかし、イタリアの高級ファッションブランド「プラダ」の作ったスターリング銀製のマネークリップは、なんと約2万円もするのです。

 正確には、単なるペーパークリップではなくて、マネークリップなのですが、見た目には6.25cm×2.25cmの、大きめのペーパークリップと変わりありません。2017年6月に、このクリップが高級百貨店「バーニーズ・ニューヨーク」のオンラインショップで発売された途端、「これを買ったら挟むお金が無くなってしまう」等と、ネット上で大きな話題となりました。そのせいかは分かりませんが、7月初めには早くもオンラインショップの該当ページが削除されてしまったようです・・・。

5. シャネルのブーメラン

(image..edition.cnn.com)

 「シャネル」の2017年春夏コレクションのアイテムであるこちらの豪華なブーメラン、お値段は約15万なのですが、物議を醸しているのはその価格のせいだけではありません。オーストリア先住民の文化を「私物化」していると批判されているのです。つまり、古くからオーストラリア先住民に狩猟道具として使われていたブーメランを、彼ら先住民の年収の1割にもなる価格で売り出すのは如何なものかという訳です。

 そのような批判に対し、シャネルは、「気分を害された方がいらっしゃったのなら、とても残念です。私たちには、オーストラリア先住民とトレス海峡諸島の人々、また、文化としてのブーメランを軽視する意図はありません。ブーメランは、同コレクションで発表したテニス用品等と同様に、余暇としてのスポーツから着想を得たアイテムです。」との声明を発表し、販売を継続しています。



スポンサードリンク

4. バレンシアガのショッパーそっくりのバッグ

(image..COLETTE)

 フランスに本社を置くファッションブランド「バレンシアガ」は、お店で買い物をしたら無料でもらえる紙袋にそっくりなバッグを、2017年秋冬コレクションのアイテムとして、約12万6千円で売り出しました。無料のショッパーは紙製ですが、12万6千円のこちらは、100%カーフスキン製で、持ち手は「ナッパレザー」製、銀金具やジッパー付き内ポケットも付いています。

 非常に高いお値段と、紙袋そっくりのデザインにも関わらず、海外のオンラインサイトでは既に売れ切れてしまったほど人気で、日本でも7月終わり頃から販売されており、海外よりも少しお高めですが、写真の縦長のタイプは13万7千円、写真の物より大きい横長のタイプは21万9千円で買えるそうですよ。

3. ヴェトモンのマリファナグラインダー

(image..Pinterest)

 2016年にカリフォルニア州、マサチューセッツ州、ネバダ州、メイン州でマリファナが合法化された直後、フランスのデザイナーブランド「ヴェトモン」が、マリファナ挽き機付きのネックレスを発売しました。一見すると、ヴェトモンのロゴが入っただけの普通のペンダントのようですが、留め具を開けてみると、内部にダイヤモンドの鋲が付いていることが分かります。

 シルバーとゴールドの2色展開で、海外サイトでは約9万7千円で売られているようです。もちろん日本では大麻は合法ではありませんので、ペンダントとしてしか使えませんが、気になる方はチェックしてみては如何でしょうか?

2. 金のレゴブロック

(image..express.co.uk)

 2017年2月に、海外のオークションサイト「カタウィキ」で、14金で出来たレゴブロックが売りに出されました。

 こちら、元々は、ドイツにあるレゴの本社工場で25年以上勤務した方に、1979年から1981年の間に、勤続記念品として与えられた物でした。なので、同じ物は世界に10個も無いと考えられており、金そのものの価値は約23万円ほどですが、希少価値がついて高値で取引されるのだそうです。前回2012年にオークションに出された際は約120万円の値が付きましたが、今回はなんと200万円以上もの値が付きました。

 普通のレゴと同じように遊べるそうなので、レゴ好きの方には堪らないアイテムですね。



    スポンサードリンク

1. グリーン・パントリーのキャットフード

(image..forbes.com)

 2016年10月、イギリスの自然食品ペットフードメーカーの「グリーン・パントリー」が、一か月分に換算すると10万円以上にもなる高価キャットフードを発売しました。月10万円以上ということは、一年で120万円・一回の食事分で1,700円・一口170円にもなるので、いかに高級か分かります。

 普通のキャットフードの30倍の値段で販売されていますが、その分素材にはこだわっており、キャビア・スコットランド産の鮭・ノーフォーク産のロブスター・デヴォン産の蟹・自然栽培のアスパラガス・キノア・サフランを原料として使っており、また、保存料・遺伝子組み換え作物・添加物・人工着色料は一切使われていないそうです。

 これはもう私が食べてしまいたいくらいですね!

via..oddee.com

スポンサードリンク

コメント